マッスルショット【攻略】: 「ウォーズタワー」フロア20攻略ガイド

eye

全20フロアにも及ぶウォーズタワーの戦いも、ようやくラスト。フロア20では、8つものラウンドで激戦が展開されていく。しっかりと必殺技をため、ここぞというときに使っていこう。ここを乗り切れば、やっとウォーズマンは復活だ!

  1. リーダー:円転滑脱な変身術 ジ・オメガマン
  2. メンバー1:闇で輝く青き閃光 ザ・ニンジャ
  3. メンバー2:超人チェーン・ソー ジェロニモ
  4. フレンド:最後まで諦めない心 キン肉マン
  5. Round1
  6. Round2
  7. Round3
  8. Round4
  9. Round5
  10. Round6
  11. Round7
  12. Final Round
  13. おすすめ超人:暴走する邪心 ネプチューン・キング
  14. 参考動画

ウォーズタワーもついに最終決戦!

フロア20では、Final Roundで原作同様に悪魔将軍が待ち受けている。

悪魔超人だけでなく、運命の5王子、時間超人、果ては完璧超人始祖(パーフェクト・オリジン)まで巻き込んだ戦いも、ようやく終わりを迎える。

8ラウンドと、本作で最も長い戦いになるので、焦らずじっくり進めていくこと。

ちなみに、舞台は原作の「完璧・無量大数軍(パーフェクト・ラージナンバーズ)編」における、悪魔超人と完璧超人始祖の戦いの各シーン。

なぜにウォーズマンの体内で彼らが戦っているのか謎ではあるが、原作ファンにはうれしいサービスである(バトルが激しすぎてそれどころではないが……)。

炎ロープ&有刺鉄線に対応せよ

本バトルは、無数のギミックが登場するが、メインとなるのは炎ロープと有刺鉄線。

全面展開されることが多く、順番調整を失敗するとゲームオーバーまっしぐらだ。

炎ロープ耐性と有刺鉄線耐性を持つ超人を、交互に並べておこう。

なお、ラウンド2以降の順番は以下のように調整しよう。

  • ラウンド2:有刺鉄線耐性で開始&締め
  • ラウンド3:炎ロープ耐性で開始&締め
  • ラウンド4:有刺鉄線耐性で開始&締め(開始は炎ロープでも可)
  • ラウンド5:炎ロープ耐性で開始
  • ラウンド6:どちらでもOK(必殺技を使う超人から開始)
  • ラウンド7:どちらでもOK(可能であれば毒耐性から)
  • ファイナル:有刺鉄線耐性で開始(絆キン肉マンでも可)

ラウンド5までは、順番調整が何よりも大事。ダメージを受けてでも、きっちり合わせておくこと。

ラウンド2は有刺鉄線で入り、それ以降は炎ロープと有刺鉄線で交互に開始、と覚えておくといいだろう。

また、敵はほとんどが木属性に変更された状態で出現する。火属性の超人を中心に使えば、有利に戦えるだろう。

火属性の貫通タイプを中心に編成

フロア20では属性効果UPの特性があるので、なるべく全員を火属性で固めたい。

最適性は「最後まで諦めない心 キン肉マン」(絆キン肉マン)なのだが、筆者は持っていないのでフレンドのみで起用している。

持っている方は、いる分だけ使ってみよう。炎ロープ&有刺鉄線耐性を持ち、友情アタックも強力なので、絆キン肉マンの数が多いほど楽になるといっても過言ではない。

フレンドは絆キン肉マンで固定として、手持ちの3人は、炎ロープと有刺鉄線で強力な超人が多い方を2体にする。

筆者は有刺鉄線耐性の超人が優秀だったので、リーダーとメンバー2の2人を有刺鉄線枠にした。

加えて、ラウンド3の毒を防ぐため、毒耐性も重視して選出している。

リーダー:円転滑脱な変身術 ジ・オメガマン

氷有刺鉄線耐性と木属性キラーを持ち、絆キン肉マンに次ぐくらいの適正である火オメガマン。敵陣に突っ込ませて、友情アタックで大ダメージを与えていこう

メンバー1:闇で輝く青き閃光 ザ・ニンジャ

新ニンジャは闇属性なのだが、炎ロープ回復と毒耐性があるため、難関のラウンド3で受けるダメージを減らすことができるため起用。全体必殺技も非常に便利

メンバー2:超人チェーン・ソー ジェロニモ

優秀なアビリティに遠距離まで届く友情アタック、強力な全体必殺技と非の打ち所がない新ジェロニモ。ニンジャと同様、毒耐性を備えているのも心強い

フレンド:最後まで諦めない心 キン肉マン

絆キン肉マンは炎ロープと有刺鉄線両方に耐性を持つ上、悪魔超人キラーもあるためボス戦で超重要な役割を果たす。複数組み込むのもおすすめ

Round1

出現ギミック

  • ダメージ氷ロープ(上下→左右→上下→左右→……)
  • 落雷(中央)

出現超人

  • 中ボス「元”完璧・壱式(パーフェクト・ファースト)” 悪魔将軍」1体
  • 「黄泉比良坂の番人 ミラージュマン」1体
  • 「背後に死角なし 鬼(アビスマン)」1体
  • 「超人墓場の番人 赤鬼」1体
  • 「超人墓場の番人 青鬼」1体

最初はダメージ氷ロープが展開され、炎ロープ、有刺鉄線の耐性で組んでいるとかなり動きにくい。

今回は氷ロープにも耐性を持つオメガマンが先頭なので、敵陣に切り込ませていく。

中央のミラージュマンを集中攻撃して、必殺技を受ける前に倒したい。

ただし、ミラージュマンの必殺技を受けると、リングの隅まで吹っ飛ばされ、落雷をかわすことができる。

必殺技を受けてしまった場合は、受けた超人の友情アタックを有効利用していこう。

敵の新将軍の後ろにある特盛り牛丼は、ミラージュマンの必殺技か落雷を食らったあとに回収する。

落雷のダメージは1万ほど。フレンドの超人は、初期配置によっては回避不可能なのが困るところだ。HPがなくなる前に特盛り牛丼で回復しておこう

次は必ず有刺鉄線耐性から開始したいので、ニンジャかキン肉マンの攻撃でラウンドを終える。

敵の新将軍のHPを調整して、必殺技を受けてでも必ず順番を整えておくこと。

Round2

出現ギミック

  • 有刺鉄線(全面→なし→全面→なし→……)
  • カウンター
  • 火山(右上→左下→……)
  • ソードボード

出現超人

  • 中ボス「血の海地獄のクラッシャー ジャンクマン」1体
  • 「痛みを感じない超人 ペインマン」1体
  • 「極悪坊主 スカル・ボーズ」2体

奇数ターンは全面有刺鉄線が展開されるため、耐性がない超人で開始すると壮絶なダメージを受けてしまうラウンド。

逆に、有刺鉄線回復の超人がいると、大量にHPを回復するチャンスでもある。

定期的にリング中央に牛丼も投げ込まれるので、必殺技のチャージと順番調整をしっかりしておこう。

必殺技を乱発してくるペインマンから先に倒していき、続いてジャンクマン→スカル・ボーズとかかっていく。

次は炎ロープに加えて毒ロープも展開されるので、ニンジャでスタートするのが理想的だ。難しいなら、キン肉マンでもOK。

また、なにげに新ギミックのソードボードが登場している。これは、小型のパニッシュメントXのようなもので、有刺鉄線耐性があれば、ダメージを受けずに済む。

Round3

出現ギミック

  • 炎ロープ(上下→左右→上下→左右→……)
  • 毒ロープ(右→下→左→上→……)
  • 火山(右上+左下)
  • 方向床

出現超人

  • 中ボス「完璧・漆式(パーフェクト・セブンス) ガンマン」1体
  • 「ディアボロス2 バッファローマン」1体
  • 「ワニ地獄の番人 スニゲーター」1体
  • 「ザ・テガタナーズ ブロッケンJr.」1体
  • 「魂の一撃 モンゴルマン」2体

対面炎ロープと毒ロープに加え、中央には方向床も設置されている。

炎ロープ耐性のない超人で方向床を踏むと、致命傷を受けてしまうので、順番には細心の注意を払おう。

しかし、炎ロープ耐性があっても、毒を防ぐのが難しい。ここは毒ダメージはあえて受けつつ、友情アタックで総攻撃して速攻を仕掛けるのがいいだろう。

新ニンジャや絆覚醒ソルジャーのように、炎ロープと毒に対して耐性がある超人なら、安心して暴れ回れる。

有刺鉄線枠の超人は、毒ロープに接触してやり過ごすしかない。このダメージを防ぐため、筆者はジェロニモを起用している

Round4

出現ギミック

  • 炎ロープ(下→左→上→右→……)
  • 有刺鉄線(左→上→右→下→……)
  • クモの巣

出現超人

  • 中ボス「完璧・拾式(パーフェクト・テンス) サイコマン」1体
  • 「掟破りの宇宙地獄 プラネットマン」1体
  • 「水の魔術師 アトランティス」2体
  • 「木覆面完璧超人」1体

先制でクモの巣が張られ、引っかかっているところにアトランティスが狙い撃ち……というのが敵の攻撃パターン。

ここは遠距離タイプの友情アタック、あるいは必殺技を使って早々に木覆面を倒そう。

これでクモの巣を解除し、敵の数を減らしていく。

必殺技を使うなら、キン肉マンがおすすめ。ボス戦でも使うのだが、次のラウンドでかなりターンを稼げるので、ほぼため直せるからだ。

木覆面を狙って発動すれば、確実に倒せる。さらに、近くにいるサイコマン、プラネットマンにも大ダメージ

アトランティスを1体残したら、ここでも順番調整。次は必ず炎ロープ耐性スタートにしたいので、オメガマンかジェロニモでここを突破すること。

Round5

出現ギミック

  • 炎ロープ(全面→なし→全面→なし→……)
  • ロウ

出現超人

  • 中ボス「変幻自在な砂地獄 サンシャイン」1体
  • 「完璧・捌式(パーフェクト・エイス) シングマン」2体
  • 「火の玉飛爺隊 イリューヒン」1体
  • 「火の玉飛爺隊 バリアフリーマン」1体
  • 「水装束悪魔超人」3体

全面炎ロープとロウが展開されるラウンド。リングの隅には、必殺技を使ってくるサンシャインやシングマンが配置されている。

一見するとぎょっとするが、炎ロープ耐性超人でスタートすればあまり怖くない。

ひとまず、左下にいるイリューヒンとバリアフリーマンを倒して、その近くに陣取ろう。ここならシングマン、サンシャインの必殺技を受けずに済む。

そのまま周囲のザコ敵を倒していき、サンシャイン単体を残す。全員をリング左側に集めて、炎ロープで回復しながら友情アタックで削っていこう。

このような状況にできるとベスト。炎ロープ回復持ちがいると、貴重な回復ラウンドと化す。これで回復しつつ、キン肉マンの必殺技をため直そう

サンシャインのHPがなくなるころには、キン肉マンの必殺技がほぼため直せているはず。次は開幕でオメガマンの必殺技を使いたいので、キン肉マンの攻撃でサンシャインを倒そう。

Round6

出現ギミック

  • ゼリーボディ
  • 撒菱
  • 方向床

出現超人

  • 中ボス「完璧・玖式(パーフェクト・ナインス) カラスマン」1体
  • 「忍術マスター ザ・ニンジャ」1体
  • 水装束 1体

ここでは、珍しく敵が少ない。しかし、1ターン目の敵の攻撃で、方向床の周囲に大量の撒菱が設置される。

うかつに方向床を踏むと即死級のダメージを受けるので、最初の攻撃で敵のニンジャを倒し、安全を確保しておこう。

今回は、オメガマンの必殺技を使う。必殺技発動中は方向床の影響を受けないので、適任だ。

オメガマンの必殺技は、敵2体を巻き込んでくれる。カラスマンはターン調整用に残しておきたいので、ニンジャと水装束を捕まえよう

次は毒ロープが展開されるので、ニンジャスタートにしたい。カラスマンを残して調整し、オメガマンの攻撃で突破できるとベスト。

Round7

出現ギミック

  • 有刺鉄線(なし→なし→なし→なし→右+下→なし→……)
  • 毒ロープ(下+左→左→左+上→上→なし→下+左→……)
  • 異次元ホール
  • ロウ
  • 爆弾

出現超人

  • 中ボス「腕を奪ってパワーアップ アシュラマン」1体
  • 「裁きの神と呼ばれた伝説の男 ジャスティスマン」1体
  • 「キン肉マンチーム・大将 キン肉マン」1体
  • 「”正義”が認めた”正義” テリーマン」1体
  • 「冷徹無比のロボ超人 ウォーズマン」1体
  • 「完璧・伍式(パーフェクト・フィフス) ペインマン」1体(爆弾)
  • 「闇覆面完璧超人」1体
  • 水装束 1体

毒ロープ、異次元ホール、ロウが展開される中に、敵がどっさり出現。

毒ロープはL字なので、耐性がないとまず毒にやられてしまうが、左下の異次元ホールに斜めから入ると、助かる場合がある。

今回は順番調整に失敗してしまい、オメガマンスタートになってしまったが、異次元ホールのおかげで助かっている。

ここは敵が多すぎるので、ニンジャの必殺技で全体攻撃していく。敵の数を減らしたあと、例によって順番調整をしていこう。

ニンジャの必殺技で、ほとんどの敵は瀕死まで持っていける。これでどの敵を残すか、調整もしやすい

HPが多い、中ボスのアシュラマンはまず生き残ると思うので、アシュラマンを残して順番調整していくといいだろう。

次はジェロニモスタートにしたいので、ニンジャのターンでアシュラマンを倒すようにする。

ちなみに、このラウンドはギミックが5ターンで1周するので、正確に順番調整をしていても徐々にずれていってしまう。

必殺技を使って、数ターンの滞在にとどめ、早々に突破したほうが懸命だ。

Final Round

出現ギミック

  • 炎ロープ(なし→全面→なし→……)
  • 有刺鉄線(全面→なし→全面→……)
  • 異次元ホール
  • ソードボード

出現超人

  • ボス「悪魔超人界首領 悪魔将軍」1体
  • 「完璧・無量大数軍”完武” ストロング・ザ・武道」1体
  • 「孤高の天才 ネメシス」2体
  • バッファローマン 1体
  • サンシャイン 1体
  • サイコマン 1体
  • 闇覆面 1体

原作における、将軍と武道(ザ・マン)の最終決戦を模したラウンド。

大量の敵が配置され、ギミックは全面有刺鉄線と全面炎ロープが交互に展開。

ソードボードと異次元ホールもあり、まともに戦うとまず勝ち目はない。

しかし、ここまでキン肉マンの必殺技を残した状態で来たなら、ほぼ勝ちは確定である。

今回は、ギミックに合わせてジェロニモスタートにしたので、全体必殺技でザコ処理をしていく。

属性効果UPの影響により、ジェロニモの必殺技で全体に5万以上のダメージ。これで将軍と武道以外は一掃できる。

このあとは武道が完璧超人始祖を次々と召喚してくるが、無視して将軍を狙っていこう。

続いては、本バトル2回目の肉弾エルボードロップ。悪魔超人キラーと属性効果UPにより、なんと42万ダメージ……!

これで、将軍の1本目のHPは確実に0にできる。

青ゲージがなくなると、将軍のマスクが割れてゴールドマンが姿を現す。

壮絶なバトルがまだまだ続くと思いきや……。

ミクロ化している影響か、マスクが割れたあとはどんな攻撃でも一撃。ジェロニモの友情アタックがヒットして、あっけなくKOできた。

「ウォーズタワー」フロア20制覇完了!

長い長い戦いだったが、ようやくクリアすることができた。筆者は絆キン肉マンを持っていなかったので、やはりフロア20が最も苦労した。

炎ロープ枠は絆キン肉マンで確定として、有刺鉄線耐性枠でおすすめの超人を紹介しておく。ラウンド1、2を安定させてくれるので、序盤で詰まっている人は使ってみよう。

おすすめ超人:暴走する邪心 ネプチューン・キング

有刺鉄線回復に加えて、落雷ブーストを持つ。ラウンド1の中央落雷でパワーアップできるので、非常にありがたい。

友情アタックも強力で、火オメガマンと組み合わせるとすさまじい火力を発揮する。

ジェロニモと同じような使い方ができるが、毒耐性を持たない点だけには注意。ラウンド3は、毒ダメージ覚悟で乗り切ろう。

参考動画

(C) ゆでたまご/(C) COPRO/(C) DeNA