【Ingressアハ体験】第7回: 私はIngressで……やせられたのか!?

Eye

Ingressが注目されるきっかけの1つに、「Ingressを始めてからやせた」という話題があると思います。20kgやせたとか、それまでわずらっていた疾患の症状が軽くなって健康的になったとか、そんな話を読んだことがあります。実際、知り合いのベテランライター氏が実際にやせたといい、地元の男性AG氏もお腹が凹んだそうです。自分が始めてからそういう話題に触れたわけですが、知ってから淡い期待がなかったといったらウソになります。楽しくプレイして綺麗になれるなら、そんなうれしいことはありませんから!

私はIngressで……

私がIngressを始めたのは、忘れもしない2014年12月26日の夜です。それから約10ヵ月。ダイエットするにはじゅうぶん過ぎる時間が経過しました。普段の生活にIngressが加わることで、果たして私はやせたのでしょうか?

残念ながらやせておりません(今のところ)。

認めたくないですが、これはもう認めざるを得ません。いやでも毎朝タニタのインナースキャンデュアルがBluetooth経由で私のiPhoneにすごい数値を飛ばしてきますから。俯瞰して見ると、上がったり下がったりを繰り返しながら、全体的に右肩上がりに上昇してるんですから困ったものです。株ならきっと喜ばれるのでしょうけれど、体重や体脂肪率はご免こうむりたい!

タニタのインナースキャンデュアルによる体重の変動。なっとくできん!

Ingressを始める前は、1日の目標歩数を5,000歩に設定するほど歩きませんでした。そのため、あえて夜にウォーキングをしていました。ウォーキングすることでなんとか1万歩に達するかどうか。歩いて8,000歩というところでした。

こちらはFitbitの各種デバイスで測定していた歩数の記録を1年表示にしたもの。たぶん、これは月平均ということだと思われます(ちょっとわかりにくいですね)

そんな自分も、Ingressを始めてから1ヵ月しないうちに、1日の歩数が1万歩を超えるようになりました。常に活動量計を身につけていたので記録が残っていますが、平均は12,000~13,000歩にまで増えたのです。本当に最初のころは「この調子でいけば、少しずつ体脂肪率も落ちて、筋肉が増えて、結果やせるのかも!」と期待を抱きました。ガッツリ歩くようになったことで、寝付きがとてもよくなるという効果もあり、「いや~Ingerssすごいなぁ!」と関心したものです。

ソニーのSmartBand Talkで測定した歩数データを、Lifelogアプリで1年表示にしたもの。明らかに歩数は増えているのがわかります。最近あまり歩いていないせいで、全体の平均を下げてしまってますが一時期は13,000歩を超えていました(デバイスは2014年11月28日発売されました)

全部「リアル補給」のせいにしたい

雲行きが怪しくなってきたのは、「リアル補給」という言葉を覚えてからです(たぶん)。活動的な先輩AGたちが、足りなくなったアイテムを補給しながら、同時に自分の胃袋を満たすという一石二鳥の楽しみ方をしていると学んでしまったのです。早い話、ポータルの入るお店でワイワイ楽しんでいるということです。「なるほどその手があったか!」と覚醒したのがいけなかった(笑)。

それからというもの、ポータルの付近にある飲食店が気になり出しました。あのお店はポータルが入る入らない、入るならいくつ入る、どのあたりに座ればいいかといった情報を集めたくなりました。昔から知ってはいたけれど、あえて入らなかったお店も、そばにポータルができたという理由で入ってみたり。お店選びではポータルが入る店をあえて選んだり。これはこれでIngressの楽しみ方の1つなのですが、しばらくして気づいたのです。「アタシ全然やせる気配ないじゃん」と。

ここポータルが2個入る~!などと喜んだり

ポータルが入るからという理由で入店した喫茶店のランチ。角煮定食で出てきた角煮がすごかった!

近くのお店でも、ランチするならポータルが入るお店にするよね~みたいな

インベントリもお腹も満足できるお店はサイコー!とか

止まってる時間のほうが長くなって……

運動面においても疑問符が。いくら歩くIngressとはいえ、ポータルが続けばハックして、焼いて、レゾ挿して、構築して、次のポータルに移ってを繰り返すわけで、歩いている時間よりも立ち止まっている時間のほうが長くなりがち。汗を流すほどまとまった距離を歩くことはまずないですし、20分間歩き続けるなんてありえず! トータルで歩数は確保しても、運動強度は通常のウォーキングには到底及びません。

実際、いつもの1時間ウォーキングコースでIngressをしながら歩いてみたら、汗はかかず、時間だけは3倍ほどかかってしまいました。消費カロリーとしては一応変わらないように見えてますが、心拍数はあまり上がっていませんので、ポータルは燃えても体脂肪は燃えないのです! しかも、悲しいかな年齢的にも基礎代謝が低下するお年ごろ。そこへ、それまでなかった外食がプラスされるのですから、やせなくて当たり前ですね(苦笑)。

Fitbit Charge HRで記録したある晩のIngressウォーキング。時間だけかかって、ほとんど有酸素運動になってないのがわかります……

これまでまったく運動習慣がなかった方でしたら、Ingressそのものが活動としてプラスになる可能性は高いですが、既存の運動に置き換えることは難しそうですね。というわけで、「私もIngressでやせた!」 と声高に自慢したかったのですが、むしろ増量ぎみで願いかなわず。

イラッとしたらX8をバンバン打ちまくってストレスを解消できますし、プレイ中はスキャナに集中している分余計なことを考えずに済みます。気分転換やストレス解消という意味では健康にプラスなのかな~。とはいえ、このまま増量を許すわけにはいきませんから、なんとかプラスにできないかと考えているところです。

(c)Niantic, Inc.