Game Deets×スタポケ生放送記念!日吉遥役の今村彩夏インタビュー!

Eyecatch2

『StarHorsePocket』で、秘書「日吉遥」の声を務める今村彩夏さんのニコニコ生放送Game Deets公式チャンネルへの出演が決定! 今回は、アーケード版『StarHorse』シリーズを長年遊んできたプレイヤーという今村さんに『スタポケ』のプレイスタイルや思いを語っていただいた。

今村彩夏さんがニコ生Game Deets公式チャンネルに登場

ニコニコ生放送Game Deets公式チャンネルに、セガの『StarHorsePocket』(以下、スタポケ)に登場する秘書のひとり「日吉遥」の声を担当する今村さんの出演が決定した。

『StarHorse』(以下、スタホ)シリーズを長年遊んできたという今村さんが、スタポケで怪物級の馬の育成を目指して実況プレイする。

今回は、生放送に出演する今村さんに『スタホ』シリーズの思い出から、自身が声を演じる秘書「日吉遥」のことや競馬への思いまでを語っていただいた。

今村彩夏プロフィール

1993年8月5日生まれ。大阪府出身。ファンからの愛称は「コンちゃん」。

代表作は、『灼熱の卓球娘』(ムネムネ役)、『三者三葉』(葉山照役)
『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(鴻上百合子役)などがある。

趣味は、読書、競馬、メダルゲームなど。

スタホシリーズプレイ歴は10年以上!

――早速ですがスタホシリーズのプレイ歴を教えてください。

今村彩夏(以下、今村):小学生のころからですから、もう10年以上ですね。『StarHorse PROGRESS』から遊んでいます。

――10年以上、ベテランですね。何かきっかけはあったのでしょうか?

今村:当時から、メダルゲームを遊ぶのが大好きで、よく父にゲームセンターに連れて行ってもらっていたんです。

そこで、父と兄が遊んでいるのに混ぜてもらったのがきっかけです。

――親子3人で並んでスタホを遊んでいる姿はほほえましいですね。

今村:父も兄も競馬が好きだったので夢中で遊んでいました。帰りが遅くなってしまって、母の雷が落ちたこともあります(笑)。

――当時はどのような遊び方をしていましたか?

今村:最初のころは、できた馬をすぐに初代ですぐに走らせてしまっていました。父はやりこむタイプのプレイヤーだったので「漬け」(※1)を行っていました。

そこで、父が作った強い馬が走るときには、サイド(※2)で賭けてメダルをごっそり稼がせてもらっていました(笑)。

※1:馬をレースに出走させずに鍛え続けて、代を重ねていく方法。何代も重ねることで怪物級の強さの馬を生み出すことができる。

※2:『StarHorse PROGRESS』から登場したスタホ独自の賭け方。そのレースに限り、ベットした馬の馬主になることができる馬券で、3着以内に入ると的中となり、賞金と同等のメダルを獲得できる。

「馬柱でセガさんが◎にしている馬は波が来ていたら注意!」など攻略情報を集めた自前の攻略ノートを作るほどのハマりぶりだったという

念願かなったスタポケ出演

――スタポケの日吉遥役に決まったときのことを教えてください。

今村:Wikipediaの私の項目にファンの方が「メダルゲームと競馬が趣味」と書いてくださったり、私がブログでたまにGIレースの予想を書いたりしていたのを、セガさんの目にとめていただけたようです。

お話をいただいたときは、ちょうど別の仕事の現場だったのですが、「念願のスタホの仕事が来た!!」って思わず飛び跳ねて喜んでしまいました(笑)。

スタホシリーズがスマホで初登場して、しかも声がつくときに自分が担当できるなんて夢のようでした。

――日吉遥を演じられるときに意識したポイントはありますか?

今村:純粋まっすぐな優等生な女の子です。成績優秀、スポーツ万能なんですが、性格がすこし変わっているというような王道ヒロインを意識して演じました。

今村さんが演じる「日吉遥」。容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能と3拍子そろっているが、バナナの皮で滑ったりとちょっぴり抜けた一面も。イラストを担当しているのはTonyさん

なので、声に腹黒さ(笑)が乗らないように、まっすぐ純粋な声を出すことを意識して演じました。

――ご自身でスタポケをプレイされるときは、秘書はだれにしていますか?

今村:もちろん、遥ちゃんです。

ほかの秘書もかわいいので、いろいろな人を試してみようと思っていたのですが、最初に選ばれたのが遥ちゃんだったので、「これは運命だ!」とずっと変えないでいます(笑)。

――自分で担当された秘書の声をゲーム中で聞いてみての感想はどうですか?

今村:収録するときは、どの声がどの場面で使われるかはわからなかったので、ユーザーとして、ゲーム内で聞くと「ここで使われるセリフだったのか!」と新鮮です。

例えば、レースで1番人気のときに「一番人気ですが……」と言われて、「ですが……って何?」と不安になってしまったり、馬が生まれたときのコメントで一喜一憂したりしています。

ひとつひとつのセリフの話し方やテンションについて、ユーザーさんの側に立って考えられるので勉強になります。

――この部分を聞いてほしいというポイントはありますか?

今村:遥ちゃんの愛犬「ブルーノ」の声も演じさせていただいているのですが、そちらもぜひ聞いてほしいです。

収録の時も現場ではウケていたのですが、ゲーム中で聞いたときは、自分でも思わず笑ってしまいました。ついつい何度も聞きたくなる声なので、ぜひ聞いてもらいたいです。

農園に登場するペット。選択した秘書によって動物の種類が変わり、日吉遥を設定すると「ブルーノ」になる。今村さんによれば「ワンじゃなくて、アンと言っているのがポイント」とのこと

あと、秘書は何度もタッチし続けると怒るのですが、怒っている姿もぜひ見てほしいです。「やめてください。怒りますよ?」からの「……やめて」の変化がたまらないです。

自分の声なのに「冷たくされたー」って思いながらついついタッチしてしまいます(笑)。

何度もタッチしていると最終的には怒っていなくなってしまうのでイジワルのし過ぎには注意。ただし、週を送ったり、画面を切り替えたりすると戻ってくる

WBCは2勝!目標はSWBC制覇

――今村さんのスタポケのプレイスタイルについてうかがいたいのですが、厩舎レベルは現在いくつくらいでしょうか?

今村:現在の厩舎レベルは36です。今は「漬け」を行っていてレースにあまり出走していないので、厩舎レベルがなかなか上がらないのが悩みです。

『スタポケ』も遊びこんでいるという今村さん

――WBC・SWBC(※3)には出走したことはありますか?

今村:WBCには何度か出走しましたが、みなさん強いのでなかなか勝てませんね。それでも、2回ほど、勝ったことがあります。

もっと勝てるようになって、いつかはSWBCを勝てるようになりたいです。

※3:GIを勝利すると出走できるユーザー対戦のレース。WBCに勝利すると、さらに上のSWBCに出走できる

――それでも、WBC勝利とは立派です。ちなみに馬名はどのようにつけていますか?

今村:馬名はオート馬名の機能を使いながら、たとえば「エンパイアベスト」とか、実際にいそうな名前を考えています。

――たしかに、エンパイアメーカーかキングズベストの産駒にいそうですね(笑)。勝負服やMyメンコはどのようなデザインにしていますか?

今村:最初は、実際にいそうなデザインを使っていましたが、今は自分の好きな色をふんだんに使った勝負服にしています。

今村さんの勝負服は、桃・緑山形二本輪・青袖・黄一本輪というカラフルなデザイン。Myメンコは耳の縞模様が個性的。普段は、あまり愛馬にメンコをつけないという

――先ほど、「漬け」をされているといっていましたが、現在、何世代目ですか?

今村:8代目です。最初は一発型で初代から強いのを作ろうとしていたのですが、今は堅実型でじっくり漬けています。

怪物級の馬を作るためには、両親ともに能力が必要なんですが、生まれるのが女の子ばかりなのが、今の悩みです(笑)。

――産駒の性別は運次第。お守り入手を待つしかありませんね(笑)。

スタポケでもステゴ産駒を育てたい!

――スタホシリーズをきっかけに競馬も見られるということですが……

今村:父と兄が競馬好きだったので、小さいころから阪神競馬場と京都競馬場はよく連れて行ってもらっていました。

――当時はどのような馬を応援していましたか?

今村:最初は馬よりも騎手ばかり見ていて、武豊騎手や秋山真一郎騎手を応援していました。

ふたりとも馬に乗っている姿がとてもきれいでファンになってしまいました。今でも、2人が乗る馬は応援してしまいます。

――先ほど、武豊騎手と秋山騎手のファンとおっしゃっていましたが、『スタポケ』でもふたりを主戦騎手にしていますか?

今村:そうですね。おふたり以外だと、ミルコ・デムーロ騎手を選ぶことも多いです。以前、ファンの方からデムーロ騎手のサインをいただきまして、それからずっと注目しています。

外国人騎手の方は、勝負強くて、どんな馬でも勝ちそうな雰囲気があるところが好きです。

――思い出の馬はいますか?

今村:馬だと、いちばん印象に残っているのはディープインパクトですね。圧倒的な強さで鮮烈に覚えています。ディープインパクトのレースは、家族みんなでテレビの前で応援していました。

『スタポケ』では、ディープインパクトは、2005年のレースでプレイヤーの前にライバルとして立ちはだかる

あとは、当時は、リンカーンが好きでした。

――ご自身のラジオ番組のタイトルは『STAY GOLD』ですが……

今村:最初、ラジオ番組をさせていただけることになったときに、「キラキラと輝くような番組名がいいね」という話をしていて、ポロリと出たのが「ステイゴールド」でした。

ステイゴールドの現役時代を直接見ることはできませんでしたが、私と同い年だったこともあって過去のレース映像を見ていました。

どうしても勝てなかったGIを、最後に海外で勝つところなんて涙が止まりません。

――過去の名勝負を見ると、必ず良いところにいる馬でしたね。

今村:今でもステイゴールドの子どもたちは応援しています。性格が父譲りで気性が荒い子が多いのが愛おしいですね。

『スタポケ』でも、早くステイゴールド産駒を育てたいです。

私の作った馬はみんな気性がおとなしいので、かけ合わせると相性が良いかも(笑)。

――では、最近の現役馬で注目している馬はいますか?

今村:ステイゴールド産駒の中でも、障害レースで活躍しているオジュウチョウサンに注目しています。

昨年の中山大障害を見たときに、圧倒的な強さでファンになってしまいました。

以前は、障害レースは落馬が怖くて、見れなかったのですが、全部の馬が完走したときに競馬場全体から拍手が沸き起こる一体感に感動しました。

――障害レースに注目とは渋い!

競馬場では、騎手や馬が間近で見られるパドックが好きだという今村さん。騎手が乗るときの「止まーれ!」の声がたまらないという

――最後に生放送に向けて意気込みをお願いします。

今村:やっぱり強い馬を作りたいと思っています。視聴者の方から勉強させていただけたらと思います。

また、競馬が好きな方やゲームが好きな方で『スタポケ』を未プレイの人にも、レースや育成を見てもらい、『スタポケ』の楽しさを広めていきたいです。

生放送も、盛り上げていきたいと思っていますので、ぜひよろしくお願いします!

第1回スタポケ生放送:初代馬の育成にチャレンジ!

生放送1回目では、ガチャで入手した株券から初代となる馬を作成し、GI制覇を目指します。

視聴者のコメントや今村さんのチョイスから誕生した馬は、GIを制覇できるのか、乞うご期待!

放送日:2017年3月28日(火)21:00から

(C) SEGA