マッスルショット【攻略】: 猛襲イベント「死を刻む第六の厄災」(ライトニング)攻略

eye

ライトニングの猛襲イベントは、炎ロープにカウンター、異次元ホールが組み合わされて展開されるため、全対応は困難。ギミックにタイミングを合わせ、行動順を調整しながら進んでいこう。

  1. リーダー:ザ・坊ちゃんズ再び ケビンマスク
  2. メンバー1:ザ・マシンガンズ(II世) キン肉マン
  3. メンバー2:悪魔の源流 ゴールドマン
  4. フレンド:天上界より降臨 悪魔将軍
  5. Round1
  6. Round2
  7. Round3
  8. Round4
  9. Round5
  10. Final Round
  11. おすすめ超人:燃え上がる不屈の魂 キン肉万太郎
  12. 参考動画

タッグ技が超強力!猛襲ライトニング

このバトルでは「異質なる悪 ライトニング」が入手可能。時間超人だけあって、高いステータスとスタン効果のある必殺技、スピードダウン効果の友情アタックなど、性能は高い。

加えて、パートナーのサンダーと繰り出すタッグ技が超強力。リング全体を攻撃でき、敵1体に4万~7万のダメージを与えられる。

総合性能はかなり高く、コロシアムでも活躍が期待できる。ぜひとも入手しておきたいところだ。

絆覚醒素材

原作にならい、星6に覚醒させるためには猛襲ケビンと急襲マンモスマン&ネプチューンマンが必要だ。

いずれもギミックが複雑なので、各攻略記事でギミックを把握してから挑むといいだろう。

なお、イベントが開催されていない時は、「ステカセ・オン・ステージ!!」でマンモスマンとネプチューンマンを入手できる場合がある。

ドロップはランダムなので、狙ってのゲットは難しいが、選択肢の1つとして覚えておこう。

原作でのライトニング

『II世』の「究極の超人タッグ編」に登場。こちらは終盤のライトニングで、万太郎&ケビンのザ・坊ちゃんズとの決勝戦で披露した姿。

序盤はケビンとの息が合わない万太郎に対し、サンダーとの多彩なコンビネーションで圧倒していく。

さらに、肉体時計逆回転(ボディクロックバックスピン)によって、自分の肉体の時間を逆転させ、ダメージを受けても万全の状態に戻してしまう。

ライトニングらの勝利は揺るぎないと思われたが、それでも不屈の精神で立ち上がってくる万太郎を見て、精神的に疲弊していく。

最終的には、ライトニングが1人で死時計の刻印を仕掛けに行ったところを阻止され、坊っちゃんズのタッグ技・マッスルキングダムを受け敗北。

すさまじい強さを見せたライトニングとサンダーだったが、最終的には精神の疲弊から敗北していった。

5つのギミックに対応せよ!

このバトルのギミックは、非常に複雑。

  • 炎ロープ
  • 氷ロープ
  • カウンター
  • ランダム異次元ホール
  • 火山

が組み合わされて設置され、その中で中ボスが強力な必殺技を繰り出してくる。

5つのギミックすべてに対応した超人はいないので、炎ロープ+カウンター、氷ロープ+火山など2つのギミックを無効化できる超人を組み合わせて使っていこう。

特に、終始カウンターには悩まされるため、カウンター無効は必ず入れておきたい。

カウンター無効を先頭に

ラウンド1から先制でカウンターが発動されるため、リーダーはカウンター無効の超人にしておこう。

今回は、コロシアムで入手でき、炎ロープ耐性、時間超人キラーまで持っているケビンにしてみた。

あとは、氷ロープと火山に耐性のあるII世キン肉マン、炎&氷ロープ耐性の新ゴールドマン。

フレンドには、ギミック耐性はないものの超火力で押していける天将軍を使っている。

リーダー:ザ・坊ちゃんズ再び ケビンマスク

コロシアムのKINメダルで入手可能。このバトルに適した3つのアビリティを持ち、突撃要員として重宝する。スピードが低いので、オペではジェットエンジンを付けておこう

メンバー1:ザ・マシンガンズ(II世) キン肉マン

炎ロープ耐性がないので若干の不安はあるものの、順場調整で対応可能。氷ロープブーストと火山耐性を持ち、相手によっては完璧超人キラーで火力枠にもなれる

メンバー2:悪魔の源流 ゴールドマン

新ゴールドマンは炎と氷ロープ耐性を持ち、本バトルでも安定した活躍が可能。カウンターと火山にはくれぐれも注意しよう

フレンド:天上界より降臨 悪魔将軍

天将軍は、アビリティはまったく適正ではないのだが、圧倒的火力でそれをカバーしてしまう。ダメージロープに触れないよう、注意しつつ使っていこう

Round1

出現ギミック

  • 炎ロープ(上下→左右→上下→左右……)
  • カウンター
  • 火山(右下)

出現超人

  • 「ザ・テガタナーズ ブロッケンJr.」3体
  • 「ザ・テガタナーズ ジェロニモ」3体
  • 「火装束悪魔超人」1体

開始から、火装束が先制でカウンターを使用。炎ロープ耐性、またはカウンター無効がないと、ほぼ確実にダメージを受けてしまう。

リーダーをカウンター無効にしておけば、火装束にダメージを与えつつ後続の味方が動きやすくなる。ケビンは火装束にぶつけていき、隅に追いやっていこう。

ブロッケンとジェロニモは、攻撃力が高いので早々に撃破したい。必殺技もためず、すぐクリアを目指そう。

次はランダム異次元ホールが展開されるので、味方をリング中央より上に集めておこう。

天将軍やキン肉マンのターンで、炎ロープ、カウンターが回避困難な状況になったら、カウンターに突っ込んでおこう。ダメージは最低限に抑えられ、停止位置の調整にも使える

Round2

出現ギミック

  • 炎ロープ(下で固定)
  • ランダム異次元ホール
  • カウンター
  • 火山(右下+左下→右上+左上→……)

出現超人

  • 中ボス「ジ・アドレナリンズ2 テリー・ザ・キッド」1体
  • 「息子から授かりし仮面 ロビンマスク」1体
  • 「闇装束悪魔超人」1体
  • ジェロニモ 2体
  • 火装束 2体

先制で、カウンター発動に加えてランダム異次元ホールが設置される。ギミック超人以外はリング上方に固まっているので、こちらもその周辺で戦おう。

火装束は天将軍の友情アタックですぐ倒せるので、最低でも天将軍には必ず触れておくこと。

次は、リング中央に強敵が出現するので、味方を中央付近に集めておく。特に、キン肉マンの友情アタックが必ず当たるようにしておきたい。

Round3

出現ギミック

  • 氷ロープ(左右→上下→左右→上下→……)

出現超人

  • 「超人歴史のキーパーソン マンモスマン」1体
  • 「ザ・マシンガンズ(II世) キン肉マン」2体
  • 「100の強さを持つ超人 ネプチューンマン」6体

ギミックは氷ロープのみだが、多数の敵が出現。しかも、マンモスマンは1ターンで倒せないと、ノーズ・フリージングで味方を凍結させてくる。

幸い、マンモスマンは所属が完璧超人になっているので、キン肉マンのキラーが刺さる。属性有利も相まって、友情アタックで壮絶なダメージが与えられるので、狙っていこう。

その他、敵のキン肉マンは新ゴールドマンに対するキラー、ネプチューンマンは氷ロープへの押し込みが怖い。

マンモスマンともども、友情アタックで早めに数を減らしていくこと。

次に備えて、味方はリング右上に集めておく。

マンモスマンの必殺技は、ダメージは低いものの2ターンの凍結効果がある。発動が止められない時は、なるべく行動終了後の超人で受けるようにしたい

Round4

出現ギミック

  • 氷ロープ(上下→左右→上下→左右……)
  • 火山(右下+左上→右上+左下→……)

出現超人

  • 中ボス「真理の神をも超えた”究極神” ライトニング」
  • 「真理の神をも超えた”究極神” サンダー」

ライトニングとサンダーのコンビが早くも登場。強烈なタッグ技を使ってくるため、どちらか1体はなんとしても倒しておこう。

この際、サンダーはアクセレレイションでこちらの攻撃をかわしまくるため、狙うならライトニングの方がいい。

ラウンド3で味方をリング右上に固めておけば、すぐに倒せるだろう。

サンダーを狙う時は、友情アタックなら回避されないので、しっかり当てていくこと。

次はケビンから行動したいため、天将軍の攻撃でサンダーを倒すようにする。

Round5

出現ギミック

  • 炎ロープ(上下→左右→上下→左右……)
  • ランダム異次元ホール
  • カウンター

出現超人

  • 中ボス「ザ・坊ちゃんズ再び キン肉万太郎」1体
  • 「難攻不落の鉄騎兵 ケビンマスク」1体
  • 火装束 3体
  • 闇装束 1体

ここでは炎ロープにランダム異次元ホール、カウンターが同時に展開。最大の難関である。

ケビンからの行動なら、ギミックでダメージを受けないので、できるだけ味方の友情アタックを発動しつつランダム異次元ホールに突っ込む。

早い段階でいずれかの火装束を倒せれば、かなり楽になる。

キン肉マンのターンでカウンターがかわせない状況の時は、迷わず必殺技を発動していこう。ランダム異次元ホールには引っかかってしまうので、軌道には注意。

あとは、ランダム異次元ホールに突っ込むと、運よくノーダメージで済む場合もある。必殺技もたまっておらずどうしようもない時は、運に任せてみてもいいだろう。

ギミック超人撃破の過程で倒せていることも多いが、ここでは万太郎の必殺技発動が早いため、先に倒していく。ケビンは残して、順番調整をしよう。

次は、開幕で天将軍の必殺技を使いたいので、新ゴールドマンの攻撃でここを突破できると理想的だ。

Final Round

出現ギミック

  • 氷ロープ(上→左→下→右→……)
  • 火山

出現超人

  • ボス「異質なる”悪” ライトニング」1体
  • 「異質なる”悪” サンダー」1体
  • 「光覆面完璧超人」2体

ようやくボス戦到着。敵の数は少ないが、光覆面がマンモスマンと火装束を呼び出してくる。

セオリーなら、先に光装束を処理しておき召喚を防ぐのだが、今回は天将軍スタートにできたので、開幕から必殺技を使っていく。

地獄風車をボスの弱点にヒットさせたところ、全員スタンさせてボスには13万ダメージ。複数の敵にヒットしてこの威力+スタンとは、恐ろしい必殺技である。

敵全体の行動を1ターン停止できたので、このままボスに追撃していく。

続くケビンもボスの弱点が狙えたので、ユニコーンヘッドを当てていく。

時間超人キラーにより17万近いダメージを与え、2ターン目でボスを瀕死まで追い込めた。

最後は、キン肉マンで通常攻撃し、天将軍の友情アタックで締め。

必殺技も狙えたのだが、安全性を重視して通常攻撃してみた。無事にクリア達成である。

「死を刻む第六の厄災」クリア達成!

コロシアムケビンで天将軍の友情アタック、というのを繰り返していけば、自然と敵が倒れていくのでだいぶ楽に進められた。

しかし、天将軍はこのバトルでのギミック耐性がまったくないので、危険があるのも事実。

ギミックに対応しつつ火力枠としても使える、おすすめ超人を紹介しておこう。

おすすめ超人:燃え上がる不屈の魂 キン肉万太郎

本来の適性は、こちらの火&水キラー万太郎。天将軍ほどではないが友情アタックが強力で、至近距離なら壮絶なダメージを叩き出す。

炎ロープブーストもついているので、事故も起こりにくい。カウンターと火山を警戒しつつ、敵に接近していこう。

参考動画

(C) ゆでたまご/(C) COPRO/(C) DeNA