マッスルショット【攻略】: 猛襲イベント「轟音響めく魔のヘッドホーン」(ステカセキング)攻略

eye

ステカセキング(以下、ステカセ)の猛襲は、大ダメージの爆弾や落雷、方向床などが設置されていて、パズル的要素が強い。各ラウンドのパターンをしっかり把握して挑もう。ほとんどのラウンドでダメージ電流ロープが張られているので、こちらの対策も忘れずに。

  1. リーダー:元”完璧・壱式(パーフェクト・ファースト)” 悪魔将軍
  2. メンバー1:反逆の白騎士 ケビンマスク
  3. メンバー2:冷酷なる殺し屋 ボーン・コールド
  4. フレンド:振り袖おてんば娘 ビビンバ
  5. Round1
  6. Round2
  7. Round3
  8. Round4
  9. Round5
  10. Final Round
  11. おすすめ超人:偉大なる格闘王 プリンス・カメハメ
  12. 参考動画

万太郎燈で活躍!猛襲ステカセ

本バトルでは、「ヘル・ミュージック ステカセキング」が入手できる。

毒耐性にロウ無効、キン肉族キラーのトリプルアビリティを所持していて、高難易度2,000万猛襲の「最強の遺伝子を継ぐ男”燈”」で活躍できる。

また、必殺技にはスタン効果もあり、イベントバトルだけでなくコロシアムでも使っていけそうだ。

攻撃力こそ低めだが、全体的に使いやすくまとまっているため、複数所持しておいてもいいだろう。

絆覚醒素材

星6に絆覚醒させるには、急襲超人のほか猛襲ロビンが必要になる。

貫通タイプのカウンター無効超人+天将軍という編成だと安定するので、フレンドには天将軍がおすすめだ。

いずれのイベントも、スケジュールをチェックして取り逃がさないようにしよう。

原作でのステカセ

初代『キン肉マン』の「7人の悪魔超人編」で登場。あまりの過激なファイトぶりに、超人ホイホイに封じられていた悪魔超人のうちの1人。

超人オリンピックV2という偉業を達成したキン肉マンが、胴上げされて宇宙に放り出され、超人ホイホイのスイッチを押してしまったことにより解放される。

その後、悪魔超人は超人と子どもたちのファン感謝デーに乱入し、キン肉マンに挑戦しようとする。

キン肉マンは恐怖のあまりはじめは拒否していたが、ミートがバラバラにされてしまったことにより、救出のため挑戦を受ける。

ステカセは最初にキン肉マンと対戦し、得意の超人大全集でペースを握る。

100万ホーンもの大音量を誇る地獄のシンフォニーを使い、とどめを刺そうとするものの、キン肉マンのマスクに備わっていた防音機能によって阻まれる。

再度超人大全集を使おうとするステカセだったが、ダメ超人時代の「3年前のキン肉マン」のカセットをセットしてしまい、猛反撃を受ける。

最後はキン肉バスターを受け、敗北する。破れはしたが、キン肉マンにダメージを与えることには成功した。

デザインや能力が特徴的で、悪魔超人とはいえ人気は高い。「完璧・無量大数軍(パーフェクト・ラージナンバーズ)編」でもパワーアップして再登場している。

ダメージ電流ロープの中で多彩なギミックが展開

本バトルでは、4とファイナル以外すべてのラウンドでダメージ電流ロープが張られる。

全面に展開されることも多く、電流ロープ耐性は必須だ。

また、ダメージの高い爆弾が登場し、ラウンド4では爆破させると味方全員が10万ダメージずつ受けてしまう。

抜け方を覚えておかないと、まずクリアできないだろう。

しかし、ギミックの配置はパズル的になっていて、仕組みさえわかっていれば簡単に抜けられるものばかり。

各ラウンド、ギミックの仕組みや配置をしっかりと把握しておこう。

電流ロープ回復で固めて挑戦

敵が多く、爆弾で受けるダメージも大きいので、今回は電流ロープ回復を中心に編成。

4人中3人が電流ロープで回復できるので、かなり心強い。

電流ロープ回復ができ、火力枠としても使える新将軍はかなりおすすめだ。持っている方は、ぜひ使ってみよう。

ギミックさえわかっていれば、さまざまな超人で攻略できる。候補は以下のとおり。

  • ジ・アドレナリンズ テリー・ザ・キッド
  • 巨漢ハンター テリーマン
  • 正義超人の創始者 シルバーマン

リーダー:元”完璧・壱式(パーフェクト・ファースト)” 悪魔将軍

電流ロープのバトルでは、いまだに一線級で使っていける新将軍。友情アタックの火力がとにかく高く、敵の密集地帯で使えばすさまじいダメージを叩き出す

メンバー1:反逆の白騎士 ケビンマスク

「鉄面の鬼公子”煌”」で入手可能。電流ロープブーストと高威力の友情アタックを持ち、火力枠として使っていける。必殺技の攻撃力ダウン効果も便利

メンバー2:冷酷なる殺し屋 ボーン・コールド

絆覚醒ボーンも、電流ロープ枠では定番。使いやすい友情アタックと高威力の必殺技で、安定した活躍を見せてくれる

フレンド:振り袖おてんば娘 ビビンバ

電流ロープ回復と回復アビリティを持つため、ダメージがかさむこのバトルでは非常に頼りになる。友情アタックも高威力かつ範囲攻撃なので、使い勝手がいい

Round1

出現ギミック

  • ダメージ電流ロープ(全面→なし→全面→なし→……)
  • 地獄の砂柱
  • 爆弾

出現超人

  • 中ボス「新・超人大全集 1巻 ステカセキング」1体
  • 「ディアボロス2 バッファローマン」1体
  • 「水中では敵無し アトランティス」1体
  • 「柔道殺法師範代 ザ・魔雲天」1体
  • 「四次元殺法コンビ ブラックホール」1体
  • 「ナイルの悪魔 ミスター・カーメン」1体
  • 「完璧・無量大数軍”完遂” ターボメン」3体
  • 「爆音破壊 ステカセキング」3体(爆弾)

バトル開始から、多くの敵超人が出現。中ボスのマンモスステカセが延々と必殺技を使ってくるので、まずは味方をリング上方に集めよう。

少々危険ではあるが、新将軍は敵の密集地帯に突撃させ、友情アタックで敵の数を減らしていく。

くれぐれも、下の爆弾を誘爆させないよう注意。味方1人あたり2万ダメージ受けるので、複数の味方が巻き込まれると回復が追いつかない。

次はリング上方に爆弾と落雷がセットされるので、クリアできそうになったら味方をリングの下の方へ集めていこう。

このバトルでは、決まったターンに牛丼が必ず落ちてくるのも特徴。ラウンド1では、2ターン目、5ターン目に落ちてくるのが確認できた。活用していこう

Round2

出現ギミック

  • ダメージ電流ロープ(上下→左右→上下→左右→……)
  • 地獄の砂柱
  • 落雷(右上、左上)
  • 爆弾
  • 方向床

出現超人

  • 中ボス「超人大全集5巻 ステカセキング」 1体
  • 「ディアボロス スプリングマン」1体
  • バッファローマン 1体
  • アトランティス 1体
  • 魔雲天 1体
  • ブラックホール 1体
  • ミスター・カーメン 1体
  • ステカセ 2体(爆弾)

砂柱の間に、特盛り牛丼が設置される。しかし、これを取りに行くと落雷と爆弾の的になってしまうので、ダメージが増えてきてから取ること。

リング上方はダメージギミックが満載なので、下側で中ボスのステカセを削りながら戦うのがいいだろう。

中ボスのステカセは爆弾ステカセを召喚し続けるだけなので、接近しても問題ない。

なお、ラウンド4までに必殺技をためておきたいので、ここであと10ターンになるくらいまでは時間を稼ぐこと。

Round3

出現ギミック

  • ダメージ電流ロープ(左右→上下→左右→上下→……)
  • 方向床

出現超人

  • バッファローマン 2体
  • ステカセ 1体

敵の数は少なく見えるが、左上のステカセが次々とバッファローマンを召喚してくる。

それぞれ、1~2ターンで必殺技を発動してくるので、素早く撃破しなくてはならない。

新将軍の友情アタックを中心に、一気に削っていこう。

次に備えて、味方はリング下側にまとめておきたい。このラウンド以降は、すべてリングの下の方で戦うのが安全だ。

バッファローマンの必殺技は、ビビンバで受けると28,000ダメージも受けてしまう。なるべく水属性のボーンで引きつけたい

Round4

出現ギミック

  • 金網炎ロープ
  • ゼリーボディ
  • 爆弾
  • 方向床

出現超人

  • ステカセ 2体

敵は2体だけだが、このラウンドのみ金網炎ロープが張られていて、左上には巨大なステカセが登場。見るからに異質な構成だ。

1ターンで突破しないと、左上のステカセが爆弾で味方1人あたり10万ほどのダメージを与えてくる。つまりは即死。

どう突破するのかというと、中央下部にいる小さいステカセを倒せばOKだ。

しかし、ゼリーボディの配置の関係で、かなり狙いにくい。うまく青い方向床に乗れれば即クリアなのだが、位置関係によっては難しいだろう。

ここは、必殺技を使って確実に突破することをおすすめする。ロックオン式、もしくは全体必殺技だとグッド。

小さなステカセはHPが低く、どんな攻撃でも当てればほぼ倒せる。金網炎ロープのダメージも異様に大きいので、おとなしく必殺技で突破するのが吉

Round5

出現ギミック

  • ダメージ電流ロープ(上+右で固定)
  • 地獄の砂柱
  • 落雷(右上、左上、左下→右上、右下、左下→……)
  • 爆弾

出現超人

  • 中ボス「新・超人大全集 4巻 ステカセキング」1体
  • 「飛翔チーム・次鋒 ミスター・VTR」1体
  • 「水の魔術師 アトランティス」2体
  • ステカセ 2体(爆弾)

先制で、VTRがアクションストップを使ってくる。リング上方にいると、動きを止められてしまうので注意。

ここでもダメージギミックがリング上方に集まっているので、下にいる中ボスステカセの左右に集まり、HPを削っていこう。

そのうちVTRが下にやってくるので、それまでにリング下方の敵を倒しておき、ボス戦の準備をしておく。

位置調整とターン調整ができたら、VTRを倒して次に進もう。

Final Round

出現ギミック

  • 落雷(右上+左上)
  • 爆弾

出現超人

  • ボス「ヘル・ミュージック ステカセキング 」1体
  • バッファローマン 2体
  • アトランティス 2体
  • 魔雲天 2体
  • ブラックホール 2体
  • ミスター・カーメン 2体
  • スプリングマン 2体
  • ステカセ 1体(爆弾)

7人の悪魔超人が大集結。ボスステカセの周辺にびっしりとまとまって出現する。

ボスをさっそく撃破したいところだが、この状況ではまともに狙えないので、まずはザコ処理をしていこう。

友情アタックをフルに使って、削っていこう。ボスの上に毎ターン牛丼が投下されるので、受けたダメージはこれとビビンバで回復していく。

ボスは、最初の行動で天将軍を召喚する。速やかに必殺技で倒すか、しっかりHPを回復しておくこと。

ちなみに、天将軍の必殺技で受けるダメージは2万前後。HPの状況を見て、必殺技を使うかどうか判断するといいだろう。

今回はビビンバで回復できたので、耐えてからボスを倒す作戦に出た。

ザコ敵が減ってきたところで、新将軍の必殺技を発動。

ボスの弱点は狙えなかったが、7万ダメージ与えてHPを半分以下まで削った。

続く煌ケビンでは、ボスの弱点が狙えたためOLAP・改を発動。20万ほどのダメージを与え、無事にKOすることができた。

「轟音響めく魔のヘッドホーン」クリア達成!

回復重視だったため、ボス戦で敵の物量に押されてしまったが、なんとかクリア達成。

ラウンド4の突破方法さえ知っておけば、そこまで難易度は高くないだろう。

敵のほとんどが悪魔超人のため、キラーを持っていると恐ろしいまでのダメージが出せる。

電流ロープに耐性があり、悪魔超人キラーも併せ持つ超人を紹介しておこう。

おすすめ超人:偉大なる格闘王 プリンス・カメハメ

新しく登場したガチャのカメハメは、電流ロープブーストに悪魔超人キラー、さらに必殺技ターン短縮まで持っている。

このバトルには最適性ともいえるアビリティ構成なので、助っ人枠に出てきたらぜひ使ってみよう。

ボスに必殺技をヒットさせると、弱点でなくとも瀕死のダメージを負わせられる。

参考動画

(C) ゆでたまご/(C) COPRO/(C) DeNA