あみ散歩!で人気上昇中の斎藤亜美に迫る!【LINE LIVERの素顔】

Eye

LINE LIVEで「あみ散歩!」と題して、散歩配信をしている斎藤亜美を知っているだろうか。旅番組をコンセプトにした外配信はどんな着想で生まれたのか? 単独インタビューであれこれ聞いてみた。

Game Deets×さいとうあみゲーム配信+LINE@スタート!

ナイツクロニクルでゲーム配信デビュー

斎藤亜美がLINE LIVEで『ナイツクロニクル』のゲーム配信を始めます! 第1回目は、3月5日(日)21:00ぐらいからを予定しています。

また、ゲーム配信開始にともなって、Game DeetsさいとうあみのLINE@を開設!

LINE LIVE: 無料で視聴&顔認識スタンプでライブ配信

ゲームの進ちょく状況やさいとうあみのプライベートがLINE@で配信されます。上記の友だち追加ボタンまたはQRコードから追加をお願いします。

初ロケで毛糸のパンツ丸見え!?

――簡単に斎藤亜美さんの自己紹介をお願いできますか?

私は、9歳から芸能活動をしてます。

4歳から児童合唱団に入っていて、小学2年生のときに合唱団でミュージカルに参加した経験があります。

その後ダンススクールに入って、小学3年生のときに、発表会でミュージカルをするというダンススクールに入りました。

このころ、スカウトされたりして芸能界への興味がわき、9歳のときに、あるプロジェクトのオーディションを受けて準グランプリになったのが事務所所属のきっかけです。

なので、子どもながらに「自分で芸能活動をしたい」と気持ちは強かったんだと思います。

――ということは、幼少のころから人前に出たいという気持ちはあったと?

小学校のころはすごく泣き虫で、すぐ泣いちゃう子でした。実は今もそうなんですけど(笑)。『Rの法則』の出演者の中では、いちばん泣いているかもしれません。

――『Rの法則』に出演されたのはいつぐらいからですか?

私が高校2年生のときからなので、6年前からになりますね。番組自体が6年半ぐらい前から始まったので、私は2期生として参加させていただいてます。

実は、1期生のオーディションも受けてたんですが合格せず、2期生のオーディションで合格しました!

――番組での最初のロケはどんな内容でした?

東京スカイツリーが建築中のときだったこともあって、その高さ634mを体感しようというものでした。

具体的には、荒川の土手で、同じ長さのレッドカーペットを敷くという企画だったんですが、まっすぐ敷くのがむずかしかったです。

全部敷き終えるのに2時間ぐらいかかりました(笑)。そのあと、634mをみんなでダッシュしたり、でんぐり返しをしたりしました。

――かなり体を張った初企画だったんですね

まさか、でんぐり返しをすることになるとは思ってなくて、ロケの当日はスカートで望みました。結果、初めての放送で毛糸のパンツを晒すことになってしまいました(笑)。

――そのほか、思い出に残っている企画はありますか?

5年ぐらい前の『Rの法則』で「RのP企画」と題して、初音ミクを特集したんです。実はそのときまで、自分がオタクであることを公表してませんでした(笑)。

自分の中では『けいおん!!』と『ポケモン』はセーフだと思っていたので、ブログにもこの2つの話題は書いてましたが、オタクっぽいことは書かないようにしてました。

ロケの前に毎回番組からアンケートが送られてくるんですが、その回答内容によって出演者がきまるようになっているんです。この初音ミクのアンケートのときはすごく悩みました。

「大好きな初音ミク!」ってなったんですが、素直に回答するとオタクであることがバレてしまう、でも最終的には初音ミクはうそをつきたくない! となって思いの丈をアンケートにぶつけました(笑)。

そのおかげで、この企画ではメインをまかせてもらえました! オタクをオープンにした初めての回だったし、1年がかりだったこともあって思い出に残ってます。

――『Rの法則』では、マンガを書く企画も担当してましたよね?

そうなんです。同じR’sのメンバーを4ページぐらいのマンガを描くっていう対決企画で、最初は勝利しました!

そのあとの対戦者が、本気でマンガ家を目指している方とだったので、ボロ負けして大号泣しました(笑)。

――絵は昔からよく描いてたんですか? ブログのヘッダーもご自身で描かれたとか

そうですね。ブログのヘッダーは自分で描きました。今も個人的に絵を描きます。2015年の冬コミでNHKが小冊子を配布したんですが、その冊子にも2ページ描かせていただきました。

――先日、コスプレ配信をされてましたが、コスプレも好きなんですか?

好きですよ! この間配信した衣装は完全自作ではなく、ウィッグを加工したぐらいなんですが、最近ミシンを買ったので(うまくはないですが)、衣装の自作もします。

冬コミでもコスプレしました。

冬コミでのコスプレ写真

LINE LIVEでのコスプレ配信では、赤ずきんちゃんに扮した

最初は20分枠だったLINE LIVE

――インターネットで配信を始めたのはいつごろからですか?

出演という意味では、ニコ生に出たことはあるんですが、個人配信を最初にやったのは『CHEERZ(チアーズ)』というアプリからです。

「ミスiD 2017」っていうオーディションに応募したんですが、それの審査基準の1つにチアーズが入ってました。

――チアーズって写真ではなかったでしたか?

最初はそうだったんですが、「ちあスト」と呼ばれるストリーミングサービスが始まりました。これ面白そうなんでやってみるかという軽い気持ちで始めました。

ファンの方も写真よりcheerしやすかったみたいで、評判はよかったです。

――ちあストでは何分枠でどれぐらいの頻度でやってたんですか?

15分程度/回の配信が多かったです。面白いっていってくれる声を聞いて、週2、3回ぐらい続けてましたね。

――ちあストの配信はご自宅で?

自宅でやってました。ちあストはファンの人しか見ない配信だったので、今よりも変なことをいっぱいやってました(笑)。しかも、アーカイブが残らないので、振り切ってましたね。

たとえば、ジョジョのオープニングのまねをしたり、カードゲームについて語り尽くすなんてこともしてました。去年の8月から10月まではよくやってました。

――オーディションがきっかけで生配信を始めたということですが、もともと生配信に興味はあったんですか?

そうですね、たとえばニコ生は見る側として当時からよく利用していました。ツイキャスもよく見てましたね。

――特によく見てた生配信のコンテンツはなんですか?

ゲーム配信ですかね。ホラーゲーム実況は好きです。自分でホラーゲームはプレイできないので、実況はよく見てました。虫は平気なんですが、おばけはだめなんです。

――10月以降はどういう経緯でLINE LIVEを始めることに?

チアーズ側の方から、LINE LIVEというサービスがあるという話を聞いてました。それに、チアーズは写真の投稿はパソコンからでも見ることができるんですが、生配信(ちあスト)はスマホがなければ視聴できない仕様だったんです。

じゃあ、LINE LIVEだったらLINEアカウントがなくても視聴できるし、アーカイブであとからも見られるので、始めてみようとなりました。

――最初にLINE LIVEで配信をしたのはいつですか?

2016年12月7日です。今と同じ洋服でやってますね。ただ、このときは卒論真っ只中だったので、「卒論つらい」って何度もいってたと思います(笑)。

LINE LIVE1回目の配信の様子。旧スマホで配信していたせいか、フレームレートは低め

――このときは60分枠で?

いえ、あまり時間に余裕がなかったので、このころは長くて25分ぐらいです。

当時使ってたスマホが古い機種で、熱を持つとうまく動作しなくなるんです。30分を超えると配信ができなくなるというのもありました。

――それで機種変したと

そうですね。今のスマホに変えてからは、60分の配信も余裕でできます! 実際、60分の配信の方が見てくれる人も多いですね。

いちごのグラタンから始まったあみ散歩!

――私は「あみ散歩!」で斎藤さんを知ったんですが、この着想は?

イメージは旅番組です! 初めてあみ散歩! をやったのは井の頭公園編だったんですが、公園ならそんなに人もいないし、迷惑もかからなだろうと思って始めました。

実は、井の頭公園編の前に、自由が丘のスイーツフォレストで「温かい杏仁豆腐?苺のグラタン?!」編っていうのを配信したんですよ。そうしたら、(この時点での)過去最高視聴者数を記録できたんです!(1,700人)それまでは、500人前後だったのにです。

――それはすごいですね。外からの配信で視聴者が増えた理由は、どのように考えてますか?

結論づいたのは、タイトルとサムネだなということです。特にサムネは、自宅の壁なんかよりも外出先のどこかの背景の方がいいと思います。

そこに着想して、ぶらり旅的なものがいいだろうと思ったわけです。

――そういう流れだったとは。それで井の頭公園へ行かれたのはいつですか?

1月16日です。『Rの法則』が全国放送ということもあって、地方の方が私のLINE LIVEを見てくれるケースも多いんです。それもあって、東京にはこんなところもあるんだと思ってもらえるといいなと考えました。

あみ散歩!の1回目は井の頭公園から。遠くから走ってやって来るオープニング

――あみ散歩! ときは1人で配信してるんですか?

いや、2人のときが多いです。ただ、六本木編のときは1人です。なので、ほかのあみ散歩! より声が小さいです(笑)。

――やはり外で1人は大変ですか?

周囲の目が……(笑)。六本木編のときは、それをごまかすために「1人テレビ電話ごっこ」しました。むだに役者の力を使いましたね(笑)。

――散歩する場所は前もってきめてるんですか?

自分の用時に合わせることが多いです。たとえば、井の頭公園編は吉祥寺に福袋を取りに行く用事があったのでそれに合わせてやりました。

上野公園編のときは、デトロイト美術館展に行こうと思っていたので、そのときに配信したんです。

電波の調子が悪かったせいか、アーカイブが残ってないんですが、多摩センターからの配信のときは、ゲーセンの大会の合間にやりました(笑)。プリパラのゲーム大会だったんですが、参加できるのは抽選で選ばれた30名限定だったんです。昼の部では外れたんですが、夜の部の抽選までの間を利用して配信しました!

――ゲーム大会の方はどうでした?

一定のスコアで賞品をもらえるルールだったんですが、無事商品をゲットできました! 圧倒的に小さい女の子の参加が多くて、たぶんなんですけど、私も「女児枠」での参加となってたみたいでした。

――配信のときに、「なんで多摩センターにいるの?」とコメントされたんですが、ナイショーと答えてしまいました(笑)。

――過去の最高視聴者数はどれぐらいですか?

5,000人ぐらいです。「3時のおやつ」に合わせて配信した内容です。ハートの最高獲得数は、別の配信ですが39万ですね。

――視聴者の方の名前は覚えてる方ですか?

そうですね。コメント付きでいらした方は、だいたい覚えてます。私のブログにコメントしてくれる方もいらっしゃいます。

――DIYで壁紙を張る回もありましたよね?

あれは、リア充っぽいかなと思ってやりました(笑)。それまで、アイドルマスターとヴァンガードのポスターを張ってたんですが、オシャレ女子になるために挑戦しました。

DIYの配信では、徐々に壁紙が張られているいく様子がわかる

私、すっぴんと飲み配信は絶対やらないってきめてるんです。酔っ払って、下手なこといわないようにです(笑)。