フィッシュアイランド2【ゲームレビュー】

eye

NHN ハンゲームの釣りアクションRPG『フィッシュアイランド2』が配信開始! アクションゲームとリズムゲームを混ぜたようなド迫力のフィッシュファイトが魅力となっている。

一粒で三度おいしい釣りアクションRPG

『フィッシュアイランド2』は、前作の特徴でもあった釣りとリズムゲームを融合させたアクション性を踏襲しつつ、RPGならではの育成要素、共闘要素を盛り込んだアクションRPGだ。

主人公は「精霊」の力を借りながら、魚や神獣と呼ばれる巨大生物を釣り上げていく「シーファイター」となって、世界中の海を冒険していく。

舞台は、精霊と人がともに暮らす世界「フィッシュアイランド」。主人公はシーファイター最高の称号である「シーマスター」を目指して、仲間とともに大海原を旅していく

世界中の海がそれぞれ1つのエリアとして存在しており、エリアの最終ステージで待ち受ける神獣を討伐していくことで、次の海へと進むことができる。

各ステージで、魚や力を貸してくれる精霊を釣り上げていくのが準備段階だ。神獣戦に向けて力を蓄えていこう

釣りパートである「ファイトモード」。丸い場所にカーソルが合わさったタイミングでタップしていくという、リズムゲームのような形式となっている。これで魚や精霊の体力を削り、0になれば釣り上げることができる

ファイト中は魚が縦横無尽に暴れ回る!

ファイトモード中の丸い場所「ポイント」には魚が動き回ることを表現してか、タップ以外のアクションや、ギミックのようなものも出現する。

魚が暴れる中でギミックにも対応することになるため、プレイヤー自身の腕前が問われるものとなっている。

この画像は、魚が方向転換する通知。この少し後に、カーソルの動きが逆になる。先行プレイ時は「!!」だったが、円形の矢印に変更。以前よりも察知しやすくなった印象だ

魚が怒り、通常時よりも素早く動き出す「Fury」状態に。この状態のまま各ギミックをこなしていくのは、なかなか骨が折れる

ロングポイントとは

リズムゲームでいうところの長押し要素。タップするポイントが連なった状態になり、その間は長押ししていなければならない。

ポイントをつなぐ曲線が目印。ロングポイントが始まる場所から触れ続け、終わる場所で指を離そう

頑丈ポイントとは

ポイントの上にある、お邪魔ブロックのようなもの。この上にカーソルがきたタイミングで規定数タップすると壊すことができる。

表示された数字は、タップしなければならない回数。複数回タップしないと壊れないものも存在する

ダイブポイントとは

ドーナツのような太い輪が表示されるポイント。魚が深く潜ろうとしているという設定だ。

カーソルがその上を通ると、ポイントを中心に大きな円が表示され、徐々に縮み出す。

円が太い輪に重なったタイミングでタップできると成功! 失敗した場合、魚や精霊のHPが回復してしまう。

ほかのポイントと並んで表示されるものや、中心に大きなダイブポイントが表示されることも。円が表示される前にうっかりタップしてしまわないように注意

大物とのダイナミックなフィッシュファイトを楽しもう

獲物となる魚の中には、船を引きずり回すほど大きなものも存在する。

小さな獲物とは別の、ダイナミックなフィッシュファイトを味わうことができる。

大物相手のときは、ファイトモードが別視点になる。タップなどのルールは変わらないが、カーソルの動きがいつもより速い

サイズも当然大物! 釣り人としてはこれも狙っていきたいところだ

船より大きい! 神獣とのバトルは超ド迫力

大物とのフィッシュファイトもなかなかの迫力ではあるが、神獣戦はそれすらも超える。

船以上の大きな相手に、大砲で立ち向かう、大スケールのバトルを楽しもう。

神獣を釣り上げるのはさすがに難しい。船に装着した大砲をタイミングよくタップして発射しよう

神獣によって攻撃方法が異なり、対応するアクションも変わっていく。ここだけはカジュアルゲームのような操作感だ

ほかのプレイヤーと共闘するレイド戦も搭載

毎日決まった時間に、ほかのプレイヤーとリアルタイムに共闘するレイド戦も開催されている。

協力して巨大ボスの討伐報酬を入手してみよう。

最大4名のプレイヤーが参加可能。設定している精霊のスキルや、自分のプレイが参加者全体にも影響を与える

レイド戦は、毎日決まった時間に2時間だけ開催される。レイド画面から次回の開催時間を確認可能

自分だけのアクアリウムを作ろう

釣り上げた魚は水槽に自由に入れて飾ることができる。自慢のアクアリウムを作り上げていこう。

色とりどりの魚が泳ぐ様はちょっとした水族館。癒しも得られるかも……

水槽は、特定の魚の組み合わせを入れることで、強化素材を生産することもできる。

観賞用だけではなく、ちょっとした農園要素も兼ねているといえる。

魚の組み合わせは左下の「SET INFO」から確認できる。このリストどおりの魚を入れてみよう

貴重な魚は市場で売買!

本作には「水産市場」というフリーマーケット機能も搭載されている。

プレイヤーが入手した魚を、それぞれが設定した値段で売り買いすることが可能だ。

水槽のセットを発動させるために、需要の高い魚も存在する。ここでお金稼ぎすることもできそうだ

とにかくいろいろなアクションが楽しめる

釣りアクションの多彩さが印象的な本作。

神獣ごとに攻撃方法を変えてくるあたり、ユーザーを飽きさせない開発側の工夫が見受けられる。

RPGとしての育成要素、やり込み要素も非常に豊富。今後は降臨系のイベントにも期待したい。

幅広い層のユーザーが長く楽しめる、そんな魅力を持った作品だ。

  • 使用した端末機種:Galaxy S7 edge
  • OSのバージョン:Android 6.0.2
  • プレイ時間:約6時間
  • 記事作成時のゲームのバージョン:1.0.0
  • 課金総額:0円

(C) NHN hangame Corp. & NHN PixelCube Corp. All Rights Reserved.