Missileman【ゲームレビュー】

ec

ミサイルに乗った男を操る縦スクロールシューティング『Missileman』。高速でスクロールする疾走感と、1発ずつしっかり狙って敵を打ち落としていく細密さが楽しい、スマホ向けシューティングの傑作だ。

素晴らしいミサイルを楽しむ本格シューティング

『Missileman』は、敵へ向けて放つミサイルそのものにまたがり、その軌道を制御するというハイスピードな展開が連続して楽しめる縦スクロールのシューティングゲームだ。

左右の壁や次々に現れる敵機を避けながら撃墜していくという、ほかのシューティングゲームと同様のゲーム性だが、背景のスクロール速度などから感じられるスピード感がたまらなく気持ちいい。

ミサイルが連射できないことから、1発1発を丁寧に狙っていく必要があり、ハイスピードな展開と相まって、かなり難しいというのが筆者のファーストインプレッションだ。

ステージクリア時には、自機の性能を強化させるという成長要素があるのだが、どの性能を鍛えるかは任意に選択可能。

効率よく強化していくコツもあり、プレイすればすればするほど、上達していくのが肌で感じられるゲームサイクルになっている。

ちなみに、ステージは全部で16まであり、プレイのたびにその中身が自動で生成される。

出現する敵機のバリエーションは、ステージが進むごとに増えていく。しかし、これはプレイごとに変化することはなく、壁や構成敵の出現ポイントがプレイごとに変化していくという仕組みだ。

単純にルートを覚える弾幕ゲーとは違い、常に確かなテクニックが要求されるため、シューティングゲームを遊んでいる実感がいつまでも続く感覚を味わえるだろう。

自機の体力はデフォルトでは3。敵や壁に当たると1ずつ減っていき、0になるともちろんゲームオーバー

簡単なチュートリアルを終えると「素晴らしいミサイルをお楽しみください」のメッセージが。開発者のミサイルへの熱い思いを感じる一幕だ

ミサイル男は先へ進むほどに強くなる

自機の強化は、ステージクリア後、次のステージに進む前に行うことができる。

  • ミサイルの速度UP
  • 援護ミサイル発射数UP
  • シールドリチャージ時間短縮&ライフ回復

の3種類の強化項目を選択し、思いどおりの性能を目指していく。

各項目で、一定のレベルに達するとスキルを習得可能。ミサイルが貫通弾になったり、シールドが壁に当たっても1回は防げたりするなど、さまざまなスキルが存在する

強化を重ねていくことで、難しいステージをどんどん進んでいけるようになる。だが、そのためには敵機を撃破した際に発生する歯車を集め、自機のレベルを上げていかなければならない。

レベルが1上がると、強化に必要なポイントを1ポイント獲得。1ポイントで好きな項目を1回だけ強化できる。

敵を倒すたびに黄緑色の歯車が出現。ある程度近づかないと回収することができない

すなわち、『Missileman』攻略のコツは、歯車をたくさん集めて、できる限り強化して進めていくこと。そして、歯車を集めやすくするテクニックもある。

敵機を倒した後、一定時間内に次の敵機を倒すとコンボが発生。これを繰り返していくごとに、敵機を倒した際の歯車の発生量が増えていくのだ。

しかし、前述のとおりミサイルは連射ができない。2~3発外すだけでもコンボが途切れてしまうし、ダメージを受けてしまってもコンボはもちろん終了する。

ハイスピードで飛んでいきながらも、ミスせずしっかりミサイルを放つことが何よりも重要なのだが、気がつけばこの行為についつい熱中してしまう。

スキルは全24種類。ミサイル自体の強化だけでなく、コンボが途切れるまでの時間が延びるスキルも習得できる

なお、強化された性能や習得したスキルはそのプレイでのみ有効で、ゲームオーバーになってしまうとまた1からやり直し。

条件を達成すると新しいスキルが追加される要素はあるものの、やり込んで得られるのはテクニックのみだ。

スマホゲームにあるまじきこの潔さは、セーブ機能がなかったひと昔前のアーケードゲームをほうふつとさせる。

ワールド最終ステージのボス戦も容赦ない

全部で16のステージは、4ステージごとにワールドで区切られており、各ワールドの最終ステージはボスとのバトルが待ち構える。

通常ステージの難しさから察していはいたが、このボス戦も容赦のない難易度となっている。

ワールド1のボスがこちら。次々に出現する雑魚敵とボスの発する炎をかいくぐりながら攻撃を当てていく必要があり、初めて対峙した時はあっという間に撃墜されてしまった

ボスの攻撃パターンを覚え、しっかり回避するという、シューティングの基本とも言えるゲーム性も持ち合わせている作品というわけだ。

正直な感想として、1回くらいコンティニューさせてほしいと思わなくもないが、どんどん上達していくのがこのゲームの面白いところといっても過言ではない。

筆者は今のところワールド2のボスを倒すのがやっとだが、いつかラスボスを倒せるときが来るのだろうか……。

  • 使用した端末機種:iPhone 6s Plus
  • OSのバージョン:iOS 9.3.2
  • プレイ時間:約4時間
  • 記事作成時のゲームのバージョン:1.0.0

(C) 2017 Game or Die