スタポケ【攻略】:効率的な厩舎レベルの上げ方とメリット

12

『StarHorsePocket』(以下、スタポケ)では、厩舎レベルを上げないと、せっかくの多彩な馬券の購入方法が開放されない。馬券のベットを楽しむためにも、まずは厩舎のレベルアップを目指していこう。

まずは厩舎レベル10を目指してみよう

「厩舎レベル」は、上昇すると新たな調教メニューや、馬券の購入方法といった、さまざまな要素が開放することができる。

最初は、ひととおりの要素が開放される、レベル10を目標にしていこう。

厩舎レベルによって開放されるもの

レベル調教飼葉馬券
2坂道
3プール
ゲート
5森林馬道チーズ
5温泉減量茶
5季節の野菜
5100枚ベット
10500枚ベット
10馬単、複勝以外の購入方法
201000枚ベット
305000枚ベット

※40以降は確認中

すべての馬券の買い方が開放されるのは厩舎レベル10。ここまでくれば、最大限メダルゲームを楽しむことができる

レースで3着以内に入ろう

厩舎レベルを上げるには、EXPを一定数稼ぐ必要があり、これはレースで3着以内に入ることで獲得できる。

当然、順位がいいほうがもらえるEXPも多いので、調教や飼葉メニューで、少しでもいい状態で出走できるように努めていこう。

レースのグレードと獲得できるEXPの関係

グレード1着2着3着
G160015050
G22006020
G31005010
OP確認中確認中確認中

次のレベルまでの必要EXPは事務所メニューの「厩舎情報」から確認可能

厩舎レベルを効率的に上げるには?

厩舎レベルの効率的な上げ方は、究極的にはすべてのレースに勝利することだ。

もちろん、そんな実力馬が作れればそれに越したことはないないが、実際にはなかなか難しい。

生産時のコストが高いほど、強い馬が産まれる可能性が高まる。1つの目安にしておこう

現実的にできる効率のよい厩舎レベルの上げ方を考えると、以下の方法となるのではないだろうか。

  1. たくさんのレースに出走させる
  2. 勝ちやすいレースに出走させる
  3. 複数の馬を所有する(競走馬枠を増やす)

3つの方法を併用するのがベストだが、課金が必要なものもある。まずは1と2の方法を実践してみよう。

1. 短いスパンでの出走を目指す

たくさんのレースに出走させるには、出走の間隔を短くすればよい。

しかし、あまりにスパンが短すぎると、馬が疲弊し、それこそ勝つどころではなくなってしまう。

オッズが下がるいわゆる「素質切れ」を起こすのが早まるともされているので、最低でも5週は間を空けてから出走させるのがいいだろう。

馬の連闘(レースの次の週に再度出走させること)は厳禁。レース直後は温泉などで疲労を回復してあげよう

次走提案は要検討

レース後に、次の出走レースをおまかせで決定してくれる「次走提案」。

大きなレースなどが優先的に選択される便利な機能ではあるが、出走まで間が空くことも多い。

たくさんのレースに出すという観点では、自分で出走レースを決定したほうがいいだろう。

10週以上空くようなレースが選択されることもよくある。引退までタイムリミットがあるということからも、よく検討しておこう

馬なりを有効に使おう

短いスパンでの出走となるため、馬の調子を維持することが非常に重要。

調教メニューの「馬なり」などの、調子の回復効果のあるものを優先して利用していこう。

「馬なり」は、能力アップしながら馬体重の維持と調子の改善が見込める。ベスト体重に近い場合はこれを選択しよう

2. 出走するレースのグレードを下げる

G1は、もらえるEXPが多い反面、実力馬が多数出走してくる。

特に本作は、レーシングプログラムが年代ごとに分けられているため、その時代の伝説的な馬が出走する可能性も非常に高い。

あえて出走するレースのグレードを下げ、勝利を優先させるという手も考えてみよう。

2005、2006年はディープインパクト全盛の時代。中途半端な素質馬はことごとくねじ伏せられてしまう

G2でも、天皇賞や、3歳クラシックなどの前哨戦となるレースはハードルが高め。回避する場合はこのあたりも意識してみよう

3. 競走馬の数を増やすには課金が必要!

最後は、所有する競走馬の数を増やす方法。

必然的に出走できるレースが増えるため非常に効果的なのだが、数を増やすにはセレブランクを上げる必要がある。

課金が必要となってしまうので、お財布と相談してから利用していこう。

セレブランクは課金によってポイントがたまり、一定数たまるとランクが上がる。馬房の拡張まではけっこうな額が必要だ

(C) SEGA