誕生日配信で50万ハート超え!いちにゃんに迫る!【LINE LIVERの素顔】

Eye

2016年12月に選出された、LINE LIVE OF THE YEAR特別賞に輝いた「いちにゃん」は、ほぼ毎日、LINE LIVEで配信をしている女性。明日(2月8日)からGame Deetsのゲーム配信を担当するいちにゃんに、単独インタビューをして配信ではわからない素顔に迫った。

LINE LIVEで見つけた「いちにゃん」って?

「お酒が大好きな東北の大学生です」と自己紹介するいちにゃんは、2016年12月に選出された、LINE LIVE OF THE YEAR特別賞に輝いた23歳の女性。

ほぼ毎日、LINE LIVEで配信をしており、23歳の誕生日を記念して行われた配信では、60分間の配信で50万ハート超えを記録するなど、人気急上昇中の配信者だ。

1月30日に誕生日を記念して行われた配信では、視聴者2,000人超え、ハート50万超えを記録する人気配信者。この配信後にフォロワーが急上昇し、一気に5,000を超えた

わずか2ヵ月足らずで特別賞に

――配信を始めようと思ったきっかけはなんだったんですか?

きっかけは、「ヒマだったから」です(笑)。授業も過密ではなくって、なんかしたいなと思って配信を始めました。そんなときに、たまたま見つけたのが『takusuta』(タクスタ)っていうアプリです。

――配信デビューはLINE LIVEではなかったと?

そうですね。最初は、LINE LIVEではなく、『takusuta』でやってました。

――それはいつごろの話ですか?

2015年の夏ぐらいです。確か、『takusuta』自体が2015年7月ぐらいにサービスが始まったアプリだと思います。

『ツイキャス』は敷居が高いイメージがあったんで、新しいサービスで配信しようと思いました。

『takusuta』は、2017年1月31にサービスを終了した。

――配信を始めたころはどんな内容だったんですか?

最初は顔を出さずに、ラジオ配信だったんです。しばらくラジオ配信をやっていたんですが、調子に乗って、顔出し配信をするようになりました(笑)。

――顔出しすることによって、視聴者の反応は変わりました?

はい、ひとことでいうと「人が来るようになりました」。その後もLINE LIVEを始めるまでは、『takusuta』で配信を続けてました。

――LINE LIVEで配信を始めたのは、いつからですか?

LINE LIVEを始めたのが、2016年10月21日からたったと思います。今回「LINE LIVE OF THE YEAR特別賞」の話をいただいたときは、「まだちょっとしかやってないのに!」と自分でもびっくりしました。

記念すべき初配信のワンシーン。当時は、LINE LIVEの仕様がわからず、悪戦苦闘している様子。アーカイブがあるので、現在も視聴可能

――LINE LIVE OF THE YEARの話はいつごろ来ました?

授賞式(12/22)の1週間前にツイッターのDMで連絡が来ました。急なお話だったので、「行けるのかな?」とあわててスケジュールを確認しました(笑)。

――今回受賞された「特別賞」はどういうものですか?

グランプリの方などは、視聴者数やハートの数できまっているみたいですが、私がいただいた特別賞は、「今後、期待される配信者」にこれからもがんばってほしいという意味を込めて、贈られたみたいです。

――takusutaとLINE LIVEを比べて、配信者から見た違いはありますか?

どっちのアプリもフィルターがあるんですよ。これは重要です!

『takusuta』もひと枠60分なので、あまり大きな違いは感じません。ただ、視聴者の層は、LINE LIVEにしてちょっと若くなったかなとは思います。

LINE LIVEには多彩なフィルターが搭載されている。配信者にとっては、これは重要な要素だと話す

――LINE LIVEで視聴者を集めるためにやってることはありますか?

基本的には、ツイッターです。最初は「ツイッターフォローしてね」的な発言は営業っぽくなってしまうので、あえてしてませんでした。

でも、やっぱりツイッターのフォロワー数は重要だと思い、LINE LIVEでの配信中にちょこちょこいうようにしてます。そのおかげで、だいぶフォロワーが増えてきています。

――これまで累積でかなりの配信をされてますが、そのモチベーションは?

そうですね、『takusuta』では500回以上やっていると思います。LINE LIVEでも100回は配信してると思います。

私自身しゃべるのが大好きだし、自分でやっていて楽しいので続けられてますね。大学卒業後、営業の仕事に就くんですが、話す仕事をしたかったこともあります。

幼稚園のころから11年間クラシックバレエをやってたんですが、同級生たちがジャズダンスに行く中、自分はこっちの方が楽しいと思って、クラシックバレエをやってましたね。今は、全然できないですけど。

――習い事はほかにもやってましたか?

小学校のときにピアノを始めました。それと、水泳も習ってましたね。クロール、背泳ぎ、平泳ぎまではよかったんですが、バタフライが苦手でした。

今は字を上手になりたいので、ボールペン字講座をがんばってます!

配信中にチラ映りするピンクの洋服

いちにゃんの背後に、ピンクの洋服がかかっているのをご存じだろうか? 実はこれ、ももクロライブ用の洋服。

いちにゃんのももクロ愛はインタビューの後半にも出てくるが、ペンライトのほかにも、タオルをたくさん持っているとか。

――過去最高視聴者数はどれぐらいですか?
最高は9,000人弱だったと思います。LINE LIVEだったんですが、終わったあと自分でもびっくりしました。

カラオケ配信もかなり視聴者が来てくれるんですが、このときは夕方の時間帯で「すでによっぱらってる配信」をしたときだと思います(笑)。

お酒は好きで、たまに1人で飲みに行ったりもします。特に、ビールとハイボールをよく飲みますね。甘くなければ、なんでも飲みます。

――視聴者に受けがよかった配信はありますか? 個人的にはお寿司の配信なんですが。

平気な顔してましたが、あれは割りとキツかったです(笑)。22貫ぐらいあったんですけど、普段は10貫も食べたら満腹になります。

『takusuta』では、「18禁カレー」っいう激辛カレーを食べたことがあります。アーカイブを消去したので、今は見れませんが。

先日、チャンネルフォロワー4,500人突破で18禁カレーに挑戦したいちにゃん。視聴者の辛みをやわらげるアドバイス「海苔を食べるといい」を実践するシーンも

常に持ち歩いている配信セット!

なにがあってもすぐ配信できるように、三脚、イヤホン、モバイルバッテリー、充電ケーブルは必ず持ち歩いてます。

「いちわん」から「いちにゃん」に!?

――配信時に心がけてることはありますか?

メイクは必ずしますね。スマホも手持ちではなく、三脚を使うなど、長い時間見てもらえるように気をつけてます。

それから、なるべくいただいたコメントを読むようにしてます。視聴者の方との距離感も大事にしてます。できるだけ、親近感があるような人になりたいなと思ってます。

配信のときは、「素の自分」を出すようにしもしています。ハイテンションのときやそうでもないときもあるんですが、あえて包み隠すやってます。

これが配信中にいちにゃんが見ている視点。ライト、デジカメ用三脚、パソコンなど赤系のグッズがこんなにも

――ほかのLINE LIVERの配信を見に行ったりしますか?

割りといろんな方の配信を見に行きます。自分でいうのもあれですが、「依存している」かもしれません(笑)。LINE LIVEは大好きですね。

LINE LIVE OF THE YEARの授賞式でもいろんな配信者と交流したんですが、みんなやさしい方でした。

――いちにゃんという名前は、LINE LIVEからですか?

『takusuta』からずっとです。最初、どういう名前にしようか考えたときに、いいものが思い浮かばなかったんです。

私の名字は「イチカワ」なので、これをもじったものがいいとは思ってました。

以前、犬を飼ってたことがあったので、「いちわん」でもよかったんですが、あえてかったことのないねこをもじった方が面白いかとおもって、「いちにゃん」にしました。超適当なんですけど(笑)。

あんまりひねらず、覚えやすいっていうことを気にかけてつけました。

改名しようかと考えたこともありましたが、結局きまらないし、ほかに覚えやすい名前も思いつかなかったので、ずっと「いちにゃん」ですね。

――いちにゃんポーズやキャッチフレーズはどういう経緯で生まれたんですが?

どちらも、視聴者の方といっしょに作った感じです。

実は、私はアイドルが大好きで、追っかけをやってたんです。ももクロは特に好きで、ファンクラブにも入ってて、ライブへは頻ぱんに行ってました。

ファンなら知ってるこのポーズ

親指を曲げて肉球に見せるのがポイントのいちにゃんポーズは、配信中のスクショタイムでやってくれる

 「ホクロは恋の起爆ボタン」というキャッチフレーズも、視聴者といっしょに考えたという

――最近はどんなアイドルに注目してるんですか?

高校生のときに、趣味でバンドをやってたこともあって、最近はアイドルではなく、ロックが好きです。実はボーカルだったんですよ(笑)。

大学に入ってから軽音楽部に入りたくってギターを買ってはみたんですが、断念しました。

最近では、WANIMA、sumika、フレデリック、フォーリミ(04 Limited Sazabys)なんかが好きでよく聴きます。

――LINE LIVE OF THE YEAR受賞後に反響はありましたか?

いくつかの配信プラットフォームからお話をいただきました。その中でC CHANNELを新しく始めました。1分間の動画にまとめるのが難しいですが、楽しくやってます。

――その1分間動画はどうやって作成してるんですか?

最初は撮りっぱなしで1回全部撮影して、それと1分間にまとめていく感じですね。動画の編集は、全部スマホでやってます。

最初、C CHANNELのカメラで撮って、それを『FilmStory』というアプリで短くカットして、音声は『ビデオスミス』というアプリを使って入れてます。

――ということは、1日でスマホに触れている時間はかなり長いですか?

めっちゃ長いです! テレビをあまり見ないこともあって、勉強以外のときはスマホですね。基本は家で過ごしたい派なこともあって、スマホはよく触ります。

――ご自宅ではどのように過ごされてますか?

アニメが好きでよく見ます。『マギ』が好きです。ほかにも、『七つの大罪』も好きですね。ゲームも好きで、特に任天堂のファンです。

ゲームボーイ時代からのファンで、アドバンス、ゲームキューブ、NINTENDO64、Wii、Wii Uも持ってます。Nintendo Switchも買いたいんですよね。

先日生配信されていたNintendo Switchの体験会も見ましたよ。

Game Deets×いちにゃんゲーム配信+LINE@スタート!

いちにゃんがLINE LIVEで『#コンパス』のゲーム配信を始めます! 第1回目は、2月8日(水)21:00ぐらいからを予定します。

また、ゲーム配信開始にともなって、Game DeetsいちにゃんのLINE@を開設!

ゲームの進ちょく状況やいちにゃんのプライベートがLINE@で配信されます。以下の友だち追加ボタンまたはQRコードから追加をお願いします。

LINE LIVE: 無料で視聴&顔認識スタンプでライブ配信

Game Deets×いちにゃんゲーム配信は、以下のチャンネルからご覧いただけます。2回目以降の配信日時は、Game Deetsツイッターでお知らせします。

LINE LIVEいちにゃんチャンネル

Game Deetsツイッター