• パズドラ【攻略】: 「ヘパイストス=ドラゴン降臨」壊滅級イルムパーティーソロノーコン攻略

パズドラ【攻略】: 「ヘパイストス=ドラゴン降臨」壊滅級イルムパーティーソロノーコン攻略

ec

今回は、パズドラレーダーだけでなくゲリライベントでもプレイできるようになった「ヘパイストス=ドラゴン降臨」に挑戦する。ボス戦では15ターンもの遅延がくるので、それまでのバトルで準備をしてからボスに挑むようにしよう。

「ヘパイストス=ドラゴン」を手に入れて「シヴァ=ドラゴン」を超究極進化!

本ダンジョンのボス「ヘパイストス=ドラゴン(以下、ヘパドラ)」は、火属性の神タイプであればリーダー・フレンド合わせて25倍の火力が出せる。

簡単なダンジョンの周回にはうってつけの性能だが、自身のスキルは28ターンとかなり重いので、使用するなら必ずスキル上げをしておこう。

また、ヘパドラは「シヴァ=ドラゴン」の超究極進化の素材にもなっている。

超究極すればリーダースキルの倍率も上昇し、2体攻撃が1つ追加されるので、進化させていない人はぜひとも入手しておきたい。

「シヴァ=ドラゴン」の超究極素材は以下のとおり。

  • ヘパドラ
  • 雷天の頑龍王・ガイノウト
  • 爆天の剛龍帝・リファイブ
  • 覚醒ヘパイストス
  • ハリケーンボルケーノドラゴン

ドラゴンキラーを生かしてヘパドラを倒そう

パーティー編成

今回は究極イルムパーティーで挑戦。覚醒バッジは、スキルブーストを使用。

通常なら主属性が光のサブをそろえていくが、ドラゴンキラー2個を持った火ツバキの火力を出すために、火属性メインのパーティーにしている。

ただし、火属性では高防御の「ネプチューン」を貫通させるのが困難なので、アンタレスの神キラーを生かして突破しよう。

なお、ボス戦では15ターンのスキル遅延を使われてしまうので、アシストとスキル遅延耐性を組み合わせて覚醒レイランのスキルが発動できるように調整している。

スキル継承・潜在覚醒一覧

モンスター名アシスト潜在覚醒
イルム(リーダー)なしスキル遅延耐性×3
火ツバキシャイターン
(木属性ダメージ3ターン無効)
光ダメージ軽減×5
覚醒レイランタマゾー赤オーディン
(15ターン以上のスキル)
スキル遅延耐性×2
ヤマトタケルなし光ダメージ軽減×5
アンタレスなし神キラー
火軽減×3
イルム(フレンド)なしなし

この中でも、火ツバキにアシストしてあるシャイターンと覚醒レイランのスキル遅延耐性×2は必ず用意しておこう。

今回は、覚醒レイランにタマゾー赤オーディンをアシストしてあるが、15ターン以上で発動できるスキルであれば他のモンスターでもOKだ。

※ イルムのスキル遅延耐性は必須ではない

1バトル目

「海王神・ヘブンズネプチューン」のステータス・先制は以下のとおり。

  • HP300万、防御150万
  • タイプ:神・体力
  • 特性:水・光ダメージ半減
  • 先制1:7ターンの間、状態異常無効
  • 先制2:4ターンの間、被ダメージ75%軽減

ネプチューンの初回行動のダメージは約3万なので、このパーティーでは受けきれない。そのため、初ターンからイルムの2色陣を使って貫通させていこう。

アンタレスの覚醒スキル「神キラー」だけでも倒せるが、イルムのスキルで火ドロップが少ないと貫通できないことがある。

持っているなら、潜在覚醒で神キラーも付けておくのがおすすめだ。

火ドロップで写真のような2列を含めたコンボに加えて、落ちコンが加わればアンタレスのみで倒すことができる。

2バトル目

「覚醒アポロン」は、根性(ボーダーラインHP50%以下)を持っており、以下の先制を使用している。

  • 3ターンの間、状態異常無効
  • 3ターンの間、7コンボ以下吸収

1ターン目は、アンタレスのスキルを使って1ターンヘイストをかけよう。

このとき、倍率を発動させると根性ラインまでダメージを与えてしまう可能性があるので、1コンボでとどめておくこと。

2ターン目は、相手の初回行動で変換された木と光の2色陣を、ヤマトタケルのスキルで火と光の2色陣に変換しよう。

この2色陣を崩してダメージを与えていくが、根性が発動すると軽減スキルでは受けきれないダメージが飛んで来る。

火ツバキにアシストしてある、シャイターンの木属性ダメージ無効を使うこと。

ここからは、ターン調整をしてから突破するので以下の手順を踏んでいこう。

  1. 木属性ダメージ無効の効果が切れるまで、水、闇、回復のいずれかで1コンボ
  2. イルムを使ってから突破

1のときにHPが15,151以下なら、」回復は必ずしておくこと。また、2でイルムの2色陣を崩すときに、ボス戦で使うドロップを残しておくことが望ましい。

2色陣でドロップ確保は難しいが、写真のように火ドロップ1列ぶんと最大倍率に必要なドロップは確保しておきたい。

ボス戦

「鍛煉神・ヘパイストスドラゴン」のステータス・先制は以下のとおり。

  • HP1億、防御2,180
  • タイプ:神、ドラゴン
  • 特性: 水ダメージ半減
  • 根性: ボーダーライン50%以下
  • 先制1: 999ターンの間、状態異常無効
  • 先制2: 15ターンのスキル遅延

まずは、2バトル目で残しておいたドロップを使って根性が解除される50%以下まで削ろう。

ボスには、覚醒レイランとヤマトタケル以外が持つキラーがすべてささるので、火力は申し分ないはずだ。

今回は落ちコン(光ドロップ1セットを含む)で10コンボになったが、全体で7,000万のダメージが出ているのでここまでのコンボはいらない。

相手の初回行動(15,151ダメージ)を受けると覚醒レイランのスキルがたまるので、スキルを使って残りのHPを削りきってしまおう。

2バトル目の突破時や陣スキルを使ったときのドロップ量など、多少の運要素は絡んでくるが3分ほどでクリアすることができる。

ただし、今回のパーティーの場合は、ターン調整を正確にしていかないとボス戦で覚醒レイランのスキルが使えない。

アシストも含めて、しっかり調整をしておこう。

参考動画


(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.