• 鉄腕アトム参戦!スマホゲーム特盛りのLONGTU KOREAブースレポート【G-STAR 2016】

鉄腕アトム参戦!スマホゲーム特盛りのLONGTU KOREAブースレポート【G-STAR 2016】

IMG_4685

LONGTUは、韓国でも急成長している中国のデベロッパー・パブリッシャー。G-STAR 2016のプレミアスポンサーでもあるLONGTU KOREAブースでは、鉄腕アトムなどの手塚プロダクションIPを使った『CatchCatch of Atom』など、多数のスマホゲームが出展されていた。

鉄腕アトムやジャングル大帝が登場する『CatchCatch of Atom』

『CatchCatch of Atom』は、LONGTU KOREAと手塚プロダクションが、鉄腕アトムとジャングル大帝のIP使用に関するライセンスを締結して作られたスマホRPG。

LONGTU KOREAがプレミアスポンサーということもあり、会場のあちらこちらに本作の広告が見受けられた。

会場内外のいたるところでアトムを発見。他にはオリジナルのキャラクターが多数確認できる

ゲーム性は、3対3のスキル選択式RPGとなっており、行動順はターン制ではなく、各キャラクターのスピードによって決まっているようだ。

画面右下のスキルアイコンを選択して攻撃。右端のキャラクターアイコンが行動順で、下から順に行動していく

PvPやレイドボスのようなモードも確認でき、スマホRPGのフォーマットに手塚プロダクションのキャラクターが登場するゲームといえるだろう。

『CatchCatch of Atom』プレイ動画

ちなみに、韓国ではすでにサービス開始済み。グローバルの展開については未定だが、日本になじみのあるIPのため、ぜひとも日本語でプレイしたいところだ。

擬人化した艦隊や日本のアニメイラスト風のカードRPGなども出展

LONGTU KOREAでは、他にもスマホRPGを中心にプレイアブル出展。

まず目を引いたのが、日本のアニメのようなキャラクターデザインの2DRPG。

ガチャを引いてみたところ、日本でもサービスされているカードRPGのような雰囲気

バトルは、通常攻撃は自動で、必殺技が手動という流行のスタイル。演出面はかなり地味で、やや時代遅れな部分は否めない。

各キャラクターの右側のゲージたまると必殺技を発動可能。特に真新しい要素はなく、韓国語が読めない筆者でもじゅうぶんプレイできた

続いて、擬人化した艦隊を率いて海戦を行うRPGをプレイ。『艦隊これくしょん』と瓜二つなゲームだ。

バトルもまったく同じシステムで、まず陣形を選択する。選んだ陣形によって、能力が増減するようだ。

陣形を選んだ後は、すべてオートで進行。夜戦突入など、細かいところまで本家とよく似ている

最後に、アクションRPG『Heroes of skyrealm』をプレイ。

3人のキャラクターを使って、ボスや他のプレイヤーと戦うゲームシステムだ。

今回LONGTU KOREAブースに出展されていた作品の中で、もっとも迫力のある3Dグラフィックで動作し、魅力を感じた作品でもある。

広いフィールドで3対3のバトルを楽しめるアクションRPG。選ぶ3人のキャラクターで戦い方が大きく変わってきそうだ

ホーム画面で表示される飛行船には、さまざまな施設を建設でき、バトルやキャラクター強化で役立つ効果を発揮することが可能だ。

キャラクターのレベルを上げる施設を確認できた。他にもたくさんの施設が搭載されている

バトルのコンテンツも、ボスとのバトルやリアルタイムのPvPなど、豊富に実装されるとのこと。

韓国では2017年第1四半期にリリースされる予定だ。

(C) LONGTU KOREA inc. AND LONGTU KOREA ALL RIGHT RESERVED
(C) TEZUKA PRODUCTIONS.