• ネットマーブルがスター・ウォーズ:フォース・アリーナをプレイアブル出展【G-STAR 2016】

ネットマーブルがスター・ウォーズ:フォース・アリーナをプレイアブル出展【G-STAR 2016】

Eye

11月17日、事前登録が始まったネットマーブルの新作『スター・ウォーズ:フォース・アリーナ』。G-STAR 2016では韓国語版のプレイアブル出展がされており、プレイをしてきた。

3分間で勝負がつくMOBAスター・ウォーズの世界!

『スター・ウォーズ:フォース・アリーナ』は、映画『スター・ウォーズ』に登場する反乱軍または帝国軍のどちらかを選び、オリジナル艦隊を作ってリアルタイム対戦を行うMOBA(Multi Online Battle Arena)。

対戦人数は、1vs1と2vs2が用意されており、今回のプレイアブル出展でも両モードがプレイできた(ほかに、シングルプレイ(トレーニングモード)もある

ゲームの基本ルールは、各陣の奥に設置されているコアユニットをいかに早く破壊するかを競う。自軍・敵軍ともにデッキを編成し、相手側に攻め込んでいく。

砲台の後方にある円柱状のものがコアユニット。これをいかに破壊できるかを競う

各陣営には1人のヒーローが設定されている。このヒーローをプレイヤーが直接操作することで、戦局を有利に進めていく流れだ。

実際にプレイした印象は、一度は聞いたことがあるであろう、スター・ウォーズのBGMとSEがプレイヤーをやる気にさせてくれる。

映画の世界観を忠実に再現していることも最大の特長で、「ハン・ソロ」と「チューバッカ」のようにリーダーとユニークカードの組み合わせが含まれているデッキは、戦闘でより効果を発揮するという。

画面右下には、出撃可能なユニット(右から3つ)が表示されている。各ユニットの左上の数値は必要コストを表し、コストは時間の経過とともにバーが右へ伸びていき、たまった分でユニットを出撃させる

ジャンルとしてはMOBAだが、1ステージは3分間の勝負なので、展開がスピーディー。今回は1つのマップでしかプレイできなかったが、MOBA入門用ゲームとしても広く受け入れされそうだ。

(C)Netmarble Games Corp. All rights reserved. (C) & TM Lucasfilm Ltd. All rights reserved