にゃんこ大戦争【攻略】: レジェンドストーリー「河童の冷や汗」を基本キャラクターで無課金攻略

eye

レジェンドストーリー「シルクロード」のラストステージ「河童の冷や汗」では、マンボーグ鈴木が初登場。天使属性を持ったキャラクターが多数出現するので、妨害できるキャラクターを使っていこう。

  1. 攻略パーティー紹介
  2. 「河童の冷や汗」解説

天使を妨害できるキャラクターが活躍

本ステージで初登場のボス「マンボーグ鈴木」は、前線のはるか後方からミサイルを撃ってくる攻撃しづらい相手だ。

ザコ敵と交戦しつつボスに近づく必要があるため、これらを素早く処理することが攻撃チャンスにつながる。

ボスを含め出現する敵のほとんどが天使属性なので、妨害できるキャラクターがいると有利に立ち回れるはずだ。

シルクロード以降、レジェンドストーリーでも天使属性のキャラクターが出現するようになっている。天使には足の速い敵が多いので、動きを制限するようなキャラクターで足止めできると効果的だ

攻略パーティー紹介

マンボーグ鈴木に近づくためには、突破力が高く複数出現する「天使ゴンザレス」を処理する必要がある。

移動速度も速いので、進攻を遅らせつつ足止めできる妨害キャラクターがほしい。

今回は天使に打たれ強い「ねこアーティスト」、動きを止められる「窓辺の姫君ネコ」「ネコヴァルキリー・聖」を起用している。

編成(名前は左から右の順番)

  • 1ページ目:狂乱のネコビルダー、狂乱のネコカベ、ねこアーティスト、狂乱のキリンネコ、ネコジェンヌ
  • 2ページ目:窓辺の姫君ネコ、ネコキングドラゴン、ネコジャラミ、ネコヴァルキリー・聖、狂乱のネコムート
  • にゃんコンボ:なし
  • アイテム:ネコボン
  • 壁役:狂乱のネコビルダー、狂乱のネコカベ、ねこアーティスト
  • 範囲攻撃キャラクター:ネコジェンヌ、狂乱のキリンネコ、狂乱のネコムート
  • 天使対策:ねこアーティスト、窓辺の姫君ネコ
  • マンボーグ鈴木対策:狂乱のキリンネコ、ネコジャラミ、ネコヴァルキリー・聖

※「日本編1~3章、未来編1章のお宝コンプ済み」「基本キャラクターのレベル30(20+10)、狂乱系キャラクターのレベル20」の状態で挑戦

ザコ敵が多いこともボス攻略への妨げとなる。範囲攻撃ができるキャラクターがいると便利だ。

生産性の高い「ネコジェンヌ」をメインにしつつ、取り巻きが少なったら「狂乱のキリンネコ」でボスへの大ダメージを狙っていく。

対策キャラクター紹介

1. ねこアーティスト:ガチャ限定のレアキャラクター「ねこロッカー」の第2形態。天使に打たれ強い特殊能力を持っている。

対天使に限れば、最前線でもけっこうな時間生き残ってくれるタフさと攻撃の速さが魅力。

防衛しつつもザコ敵へのダメージも稼いでくれるという、純粋な壁役以上の活躍を期待できるキャラクターだ。

2. 狂乱のキリンネコ:狂乱ステージ「ヘッドシェイカー」で入手できる「狂乱のウシネコ」の第2形態。

全キャラクター中最高峰の移動速度を誇り、ほしい場面で前線にすぐに加わってくれるのが魅力。

ネコキリンとは違い範囲攻撃なので、ちょっとしたザコ敵集団なら単独で突破も可能。

ボスへの攻撃チャンスで投入できると効果的だ。

3. 窓辺の姫君ネコ:ガチャ限定の激レアキャラクター「窓辺の乙女ネコ」の第2形態。

天使をたまに一瞬止める特殊能力と範囲攻撃を持っているので、複数の敵を止めてくれる。

はまれば心強いキャラクターだが、攻撃速度が遅く、射程もそれほど長くない。

壁役で少しでも生き残れるようにサポートしてあげよう。

4. ネコヴァルキリー・聖:「ネコヴァルキリー」の第3形態。未来編2章「月」をクリアすることで進化可能になる。

移動速度の速さ、体力の高さに加え、相手に関わらず動きを止めてくれる特殊能力を持っている。

移動速度が速いため、ここぞというときも出しやすい。今回はボスへのダメージソースとなる存在だ。

取り巻きが少ないタイミングで生産していこう。

このパーティーでの戦術

ザコ敵処理はネコジェンヌで:このステージはザコ敵、特に天使ゴンザレスを倒さないとボスへ攻撃することができない。

範囲攻撃が可能で量産もできるネコジェンヌが、処理に適している。

天使ゴンザレスが出現したら、ネコジェンヌを複数生産して対処していこう。

取り巻きが少ないときが攻撃チャンス:天使ゴンザレスを数体倒すと、少しの間ボスの取り巻きに強いキャラクターがいない状態になる。

攻撃チャンスなので、ネコジャラミやネコドラゴンなどの攻撃力が強いキャラクターを投入していこう。

少ないとはいえザコ敵はいるので、狂乱のキリンネコやネコヴァルキリー・聖などで先に処理しておくと、より効率的にダメージを与えられる。

「河童の冷や汗」 (消費統率力 120)

ボスのマンボーグ鈴木は、時間経過で出現する。

移動速度は遅いものの、射程が異常に長いので、なるべく自拠点には近づけさせたくない。

ネコボンを利用して、働きネコ強化の時間を短縮しよう。

強敵の紹介

1. マンボーグ鈴木:マンボウの天使。浮いているが、浮いてる敵属性はついていないので注意。

前線のはるか後方をゆっくり進みながら、動きを遅くする効果のあるミサイルを撃ってくるのが特徴。

どんどん攻めてくるような敵ではないが、後方にいるため非常に攻撃しづらい。敵側のサポート役としてやっかいな存在だ。

ほかの敵が少ない瞬間を狙って、移動速度の速いキャラクターで攻撃を当てていこう。

2. 天使ゴンザレス:ゴリさんの天使バージョン。移動、攻撃の速度が非常に速く、範囲攻撃で攻撃力もなかなか高い、突破力のあるキャラクター。

小さいが、単騎でも前線を突破してくる強敵。複数そろったときは特に注意が必要だ。

壁役で進攻を遅らせながら、遠距離からの攻撃でダメージを与えていこう。

序盤:ネコムートで先手をとる

開幕から少し経つと、ボスのマンボーグ鈴木が「例のヤツ(白い小人)」とともに出現。

このタイミングで、狂乱のキリンネコと窓辺の姫君ネコを投入。例のヤツを処理しつつ、ボスを後方にとどめておく。

窓辺の姫君ネコは移動速度が非常に遅いため、ここで投入しておくと、攻撃チャンスで前線にいるような状況になるはずだ。

例のヤツを倒すとけっこうなお金が入るので、ネコムートを生産し、壁役やネコジェンヌとともに攻め上がる。

ネコムートを出す目的は、このあとに出現する天使ゴンザレス2体を素早く処理すること。

ここですんなり倒せると、ボスを敵拠点へ押し込めつつ、ある程度一方的に攻撃できる時間が持てる。

ボスの攻撃射程が長いこともあり、ネコムート自体の攻撃がボスに当たる可能性はあまり高くない。

お金に余裕のないステージでもあるので、生産は最初の1回のみでかまわない。

中盤:攻撃チャンスでは攻撃力の高いキャラクターを投入

天使ゴンザレスがいない間が、ボスへの攻撃チャンス。

壁役と妨害役、ネコジェンヌの投入を続けていれば、画像のようにボスを敵拠点へ押し込めた状態を保つことができる。

高攻撃力のネコヴァルキリー・聖やネコジャラミ、ネコドラゴンを出すなら、このタイミングが効果的だ。

終盤:天使ゴンザレスを倒したお金を利用する

以降は、定期的に出現する天使ゴンザレスの処理と、ボスへの攻撃の繰り返しとなる。

天使ゴンザレスの出現中は、いわば耐久の時間。このときにネコジャラミなどを出してもボスへのダメージにはつながらない。

攻撃チャンスまでは、壁役や妨害役、ネコジェンヌを中心に対処しよう。

天使ゴンザレスを倒せたら、攻勢に転じる。足の速い狂乱のキリンネコ、ネコヴァルキリー・聖をメインに攻撃を仕掛けよう。

妨害役を投入し続けている分、あまりお金に余裕がないはずなので、ザコ敵を倒したお金を利用する。

特に天使ゴンザレスは複数同時に撃破できることが多いので、まとまったお金を入手しやすい。

コストの高いネコヴァルキリー・聖などを出すならこのタイミングだ。

取り巻きが少ないときにきちんとダメージを与えられていれば、押し込まれることなくクリアできるはずだ。

天使ゴンザレスの出現が、攻防の切り替えタイミング。切り替えのタイミングがうまくいけば、今回の編成なら5分かからずにクリア可能。効果的なキャラクターの生産を心がけよう

(C)PONOS Corp.