ハムスターになって女の子の中を探検!?『SPOT』をVR体験【TGS2016】

アイキャッチ

VRコーナーで、ハムスターがちょこちょこと歩いているかわいらしいゲームを発見した。それが、ベイオウルフのブースで展示されている『SPOT』だ。一見かわいらしい見た目だが、女の子の中を探検できるという男のロマンをも含んだ作品となっている。

ひまわりの種を探しながら女の子に潜入!

『SPOT』はプレイヤーがハムスターとなって部屋を探索していく、アドベンチャーゲーム。

プレイには、Oculus Riftとヘッドホン、コントローラーを使用する。

主な操作はコントローラーのアナログスティック、方向転換は自身で左右を向いて行う。非常に操作しやすかった

いざ、ハムスターに変身して冒険へ

冒険の舞台となるのは、ハムスター視点だと全ぼうが把握できないほど広い部屋。

ひまわりの種を集めつつ、部屋のどこかにいるという美少女の行方を追う。

青い光で包まれたのが、収集対象のひまわりの種。予想以上にデカイ!

小さくなった体を活かして、狭い隙間まで探索。ボタンを押せばさまざまな場所を登ることができ、自由度が非常に高い仕上がりとなっていた。

空き缶や本に突進して倒す!といった、遊び要素も多く盛り込まれており、思わず本来の目的を忘れて遊び倒してしまった

部屋には天敵となる猫もいるが、バットでカキーンと打たれたかのように吹っ飛ぶだけで、やられてゲームオーバーになるとようなことはない。

しかし、探索には制限時間が設けられているので、美少女を探索したい場合は無駄な寄り道に注意しよう。

ベッドへ目を向けると、美少女の姿を発見!

トコトコとベッドの縁を登っていくが……ここでタイムアップ。残念ながら、美少女の中を探索することは叶わなかった

操作感バツグンの快適VR作品

筆者は実際に自身の手を使って遊ぶかるたVRゲームや、コントローラー不要のスマホVRタイトルをプレイし、すぐに酔ってしまって楽しく遊べなかったり、思ったように操作できずムズムズしたりしたことが過去にあった。

しかし、本作は方向転換以外を操作のしやすいコントローラーで行うためか、スムーズに酔うこともなくプレイへと没頭することができた。

試遊前はコントローラーがあるぶん、没入感が欠けてしまうのでは……と考えていたが、実際にプレイしてみると、操作しやすいからか逆にこちらのほうがVR世界へと浸れたように感じた。

ほかの方のプレイ中に女の子をパシャリと盗撮。うまく(?)探検できればスカートの中まで探索できていたので、気になった方は実際にTGSで試遊してみてほしい

Steamで配信予定

本作は「Steam」での配信を予定している。配信の際には、さらに女の子の細部にまで潜り込むことができるようになっているそうなので期待大だ。

ディレクターである石川 裕章氏に話をうかがうと、このタイトルはなんと2人で開発されたそう。

現在は3Dデザイナーを外注で賄っているらしく「3Dデザイナー」をできる方を探しているので、「美少女のグラフィックならまかせせろ!」といった方がいれば、ゲームを創る側へとシフトしてみるのも面白そうである。

東京ゲームショウ2016 一般公開日概要

  • 日程:一般公開:9月17日(土)、18日(日) 10:00~17:00
  • 会場:幕張メッセ
  • 主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
  • 共催:日経BP社
  • 特別協力:ドワンゴ
  • 入場料:一般公開:前売1,000円/当日1,200円(税込)
    ※小学生以下は入場料無料

(C) ベイオウルフ株式会社(Beio-Wolf) All Rights Reserved.