追いつめられる恐怖に戦慄!『バイオハザード7 レジデント イービル』体験レポート【TGS2016】

Eyecatch

東京ゲームショウのカプコンブースにて、プレイアブル展示されていたのは、2016年1月26日発売予定の『バイオハザード7 レジデント イービル』。今回、プレイステーションVRでプレイさせてもらうことができたので、その様子をレポートする。

シリーズ20周年を迎え新たに進化したバイオハザード

東京ゲームショウのカプコンブースにて、プレイアブル展示されていたのは、2016年1月26日発売予定の『バイオハザード7 レジデント イービル』。

今回のプレイアブルは、2016年8月にドイツで開催された「gamescom 2016」で公開されたものと同じということだが、プレイステーションVRでプレイできるようになったほか、音声も日本語になっている。

「バイオハザード」シリーズは、第1作目『バイオハザード』が発売されたのが1996年で、今年で20周年を迎える。本作のサブタイトルである「レジデント イービル」とは、第1作目の海外版での名称だ。狂気と悪意にあふれた一家がプレイヤーを迎える

展示されていたのはプレイステーションVR版。VR空間でどのような恐怖体験が待ち受けているのだろうか……

朽ち果てた洋館で謎の老婆からひたすら逃げる

バイオハザードシリーズというと、ゾンビのイメージが強いが、今回の体験ではゾンビは登場しない。

舞台は鬱蒼とした森の中にある朽ちた洋館。プレイヤーは謎の老婆から追われる女性となって、この洋館の中へと逃げ込むことになる。

老婆につかまってしまうとゲームオーバーになってしまうため、プレイヤーは館の中を老婆から隠れながら進むことになる。

こちらが老婆。神出鬼没で、プレイヤーの行く先々に先回りしてくる。今回の展示ではプレイヤーが見ている映像が、目の前のディスプレイにも表示されていた

筆者は、ホラー映画やホラーゲームは嫌いではない。むしろ、ホラー小説は好きなほうだ。

ゲームや映画、小説は、あくまで自分が安全な場所にいると感じるから、恐怖にフィルターをかけて体験できる。しかし、VRとなると話が違ってくる。

背後から聞こえてくる老婆の罵声や、ボロボロの洋館の雰囲気など、本当に自分が追われていて、捕まったら殺されてしまうと錯覚してしまう。

体を動かせば、視界も動く。老婆が通り過ぎるまで、物陰に潜みながら、首を伸ばして様子をうかがう。このとき、HMDの下の筆者の顔は、冷や汗だらだら、歯がカチカチなるほど震えていた

恐怖感を和らげるため、眼鏡をはずしてぼやけた視界でプレイしていた筆者だったが、途中、探索で謎解きをしなければならず、裸眼でのプレイを断念。結局、老婆に見つかるたびに悲鳴をあげることに……

今回の体験では、追われる恐怖や館を進むための謎解きを体験することができた。あまりの恐怖に悲鳴をあげっぱなしの筆者だったが、その恐怖はプレイヤーが逃げ惑う無力な立場だという点が大きかった。

また、普段のゲームなら、コントローラーのスティックやボタンを動かせば簡単に視界を見渡せるが、VRではコントローラーの操作だけでなく、実際に頭を動かさないとならない。

そのもどかしい感覚がより恐怖を増幅させてくれている。

これで、従来のバイオハザード通りにプレイヤーが銃を手にして戦えるようになったとき、この恐怖がどうなってしまうのだろうか。2017年1月26日の発売を楽しみに待ちたい。

洋館や人物の質感はかなりリアル。血の臭いや腐臭を錯覚してしまいそうな気持ちにさせられる。この恐怖はぜひともVRで体験してみてほしい

東京ゲームショウ2016 一般公開日概要

  • 日程:一般公開:9月17日(土)、18日(日) 10:00~17:00
  • 会場:幕張メッセ
  • 主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
  • 共催:日経BP社
  • 特別協力:ドワンゴ
  • 入場料:一般公開:前売1,000円/当日1,200円(税込)
    ※小学生以下は入場料無料

(C) 2002-2016 CESA / Nikkei Business Publications, Inc.
(C) CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.