ブシロード新作『ラストグノウシア』は息をのむような攻防が楽しいカードゲーム【TGS2016】

アイキャッチ

リアルの人気対戦カードゲームを多く輩出しているブシロードが、ついにスマホのカードゲーム界にも降臨しようとしている。そんな今回が初発表となる注目作『ラストグノウシア』の発表会と試遊会の模様をお届けしていこう。

ターンなしの緊迫感あふれるリアルタイムカードバトル!

『ラストグノウシア』はターンという概念がない、リアルタイムでの激しい攻防が楽しめるのが特徴の新感覚カードゲームだ。

9月15日に初めて本作の情報が解禁され、取締役の広瀬和彦氏と世界観を設定した水野良氏、プレイヤーキャラクター「アルテミア」のCVを務めた青木志貴さんが本作の世界観やゲームシステムを詳しく紹介してくれた。

水野良氏は、「ロードス島戦記」などの人気小説を作り上げた作家でもある。世界観にも要注目だ

タイミングとスピードがカギを握るゲーム性

本作最大の特徴は、何といってもそのゲームシステムだろう。最もカードゲームらしい要素である「ターン」が、取り払われたカードゲームとなっている。

ゲーム画面には右上に「残り時間」が表示されていて、場のカードにはそれぞれにゲージがあるのが特徴的だ

カードの召喚に必要となるマナは、時間が経つにつれて増えていき、カードに記された分のマナを消費して場に繰り出していく。

場に出せるのは3枚まで。カードの真ん中に緑色で表示されたのが必要マナ、青色で書かれたのが攻撃力、赤が体力だ

カードは、ゲージがたまったら自身の目の前にいる敵を攻撃。対象がいない場合はキャラクターへと攻撃でき、先にキャラクターのHPを0にした方が勝利となる。

また、多くのカードが固有のスキルを持っており、場のカードを除去したり、他のカードより速く攻撃したりでき、スキルや召喚タイミングなどの駆け引きが熱い。

カードの左上に、マークがついたのがスキルをもったユニット。カードを長押しすることでスキルの効果が確認できる

本格派ダークファンタジーの世界観を再現

本作の舞台となる「真世界グノウシア」は魂や精神といった霊的なもの、物質的なものが二分化されていることをコンセプトに作られた世界。

この世界では、あるときに人間があらゆるものに変化した時代を経ており、竜やエルフといったさまざまな種族が多く存在している。

主人公となるプレイヤーキャラクターとして選べる4人の中にも、人間ではない種族のキャラクターが存在する。簡単に1人ずつ紹介していこう。

アルテミア

ゲストの青木志貴さんがボイスを務める「アルテミア」はエルフ。彼女は、弓で物質的なものはもちろん霊的なものを射出して戦うそうだ

エブラール

いかにも主人公らしい風貌の「エブラール」。写真では元騎士となっているが、キャラデザインを見て水野氏が戦士へと設定を変更したそうだ

シャンティ

見るからに善人そうな「シャンティ」は、自らを救世主だと信じている聖職者。彼女の声は、明坂聡美さんが担当している

ソウマ

忍者の「ソウマ」は、その見た目のイメージどおり基本的には無言のキャラクター。しかし、バトル時のボイスはえげつないものになっており、水野氏いわく対戦したくないキャラクターに仕上がってきているようだ

プレイヤーキャラクターは、英霊(ユニット)を駆使して戦う。英霊には英雄や精霊、竜、魔獣などがいて、それぞれにもしっかりとした境遇、物語が用意されている。こちらも何体か紹介しよう。

赤砂の女王 マハスティ

ヒッタイトの女王をモデルにした英霊。本作に登場する英霊の多くは、実在することを持ち込んで製作されているらしい

怠惰なるツォルン・精勤なるツォーレ

エブラールと同じく、キャラデザインによって設定に変更が加えられた英霊。ふたりは兄弟で真逆な性格の持っており、よく見るとそれを示すかのようにそれぞれのカードが背中合わせになるこだわられたデザインとなっている

円卓の女王ヴェレス

アーサー王がモデルの英霊。本作の最重要キャラクターで、時代背景に大きく関わっている

スペシャルステージを見逃すな

一般公開日の17日(土)には、試遊会で実際に本作をプレイすることはもちろん、本日ゲスト出演した青木志貴さんに加え、シャンティ役の明坂聡美さんも登場するスペシャルステージが開催予定だ。

ニコ生だけでなく、AbemaTVでも配信予定だ。13:00~14:00までのチャンスを見逃さないようにしよう

また、試遊会はTGSだけでなく、全国各地で開催予定。少しでも気になった方は、目まぐるしい駆け引きを楽しめる本作をその目で確かめてほしい。

試遊記念のシールには、対戦中に使えるようになるという「スタンプ」が4つついてくる。かわいらしいデザインとなっているのでゲットしたい

さらに、現在クローズドβテスターを募集している。iOS、Androidどちらでも応募できるので、こちらも忘れずにチェックしておこう。

東京ゲームショウ2016 一般公開日概要

  • 日程:一般公開:9月17日(土)、18日(日) 10:00~17:00
  • 会場:幕張メッセ
  • 主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
  • 共催:日経BP社
  • 特別協力:ドワンゴ
  • 入場料:一般公開:前売1,000円/当日1,200円(税込)
    ※小学生以下は入場料無料

(C) bushiroad All Rights Reserved. Developed by DAIDALOS Inc. illust: 中村瑠衣子