ポケモンGO【攻略】: 評価機能でわかるポケモンの個体値判別法

アイキャッチ

新機能「ポケモンの評価」を使った、ポケモンの強さを見分けるテクニックを紹介する。チームリーダーのセリフで、ポケモンの強さを表す「個体値」を判別しよう。CPだけでは測れない、最強ポケモン育成の近道を徹底解説!

最強のポケモンを見極めるテクニック

先日のアップデートで追加された「ポケモンの評価機能」。これを使うと、育成をする前にポケモンの強さがすべてわかってしまう優れものだ。

今回は、この評価機能を使って、最強のポケモンを見極めるテクニックを紹介していこう。

評価機能で教えてくれるのは「ポケモンの個体値」

ステータス画面で「ポケモンを調べてもらう」を選択すると、そのポケモンのステータスがどのくらい成長しやすいかを教えてくれる。

これは、コアなポケモンユーザーにはおなじみの「個体値」と呼ばれるもので、個体値が高いほど、そのポケモンを強化をしていった時にステータスが大きく成長する。

ポケモンのメニューに評価機能が追加されている。試しにピカチュウの個体値を調べてもらった

個体値を教えてくれるのは、各チームのリーダーだ。筆者はヴァーラー(赤)を選んだので、紅一点「キャンデラ」さんが登場。さて、結果は……?

どうやらあまり強くないようだ。さらに話を聞いてみると……

ぼうぎょが際立っているらしい。……防御!?

だいぶあいまいだが、キャンデラさんは、「個体値はそれほど高くないけど、防御はそれなりかもね!」ということがいいたいらしい。

それよりも、ポケモンのステータスに「ぼうぎょ」があることを初めて聞いた人も多いのではないだろうか。

ポケモンのステータスは3種類

ポケモンのステータスは、

  1. HP
  2. こうげき
  3. ぼうぎょ

の3種類。

ステータス画面では「HP」しか表示されていないが、実はほかにも「こうげき」と「ぼうぎょ」のステータスが設定されている。

こうげきは「相手に与えるダメージ」、ぼうぎょは「相手から受けるダメージ」に影響する。

そのため、これまでのバトルでも、プレイヤーの知らないところで「わざの威力」などに差が生まれていたのだ。

なんとなく強そうだから育てたナッシーも、実は攻撃力が低かった! という悲しい事実が隠されている可能性が……

個体値の強さは「0~15」の16段階

『ポケットモンスター』シリーズではおなじみの個体値だが、本作では各ステータスが「0~15」の16段階にランク分けされている。

個体値の数値が高くなるほど、ステータスの成長率が良くなるので、「HPの個体値が15」「こうげきの個体値が15」「ぼうぎょの個体値が15」で、個体値の合計が45のポケモンが最強ということになる。

調べた結果、個体値の合計が「45」と判明した最強のポニータがこちら。パッと見では強さの判別はできないので、評価機能の偉大さがよくわかる

リーダーのセリフでわかる個体値の判別方法

評価機能では、リーダーのセリフの種類によって、以下の3つの情報が得られる。

  1. ポケモンの個体値の合計(4段階)
  2. いちばん高いステータス
  3. そのステータスの個体値(4段階)

個体値の合計→高いステータス→そのステータスの個体値の順番で教えてくれる

個体値の数値までは教えてくれないが、ちゃんとセリフを見分けられるようになれば、かなり細かいところまで個体値を判別できるようになる。

各リーダーの評価コメント一覧

各リーダーのセリフと、それに対応するポケモンの個体値は、以下のようになっている。所属するチームによってセリフが違うので注意しよう。

赤チームの評価コメント

■総合評価(個体値の合計)

セリフ個体値合計
言うことなしね。
とっても頼もしいわ!
37~45
(80.1~100%)
とても強い。
自慢できるわね!
30~36
(64.5~80%)
普通に強いと思うわ。23~29
(49~64.4%)
バトル向きではないけど、
わたしは好きよ。
0~22
(0~48.9%)

■いちばん高いステータスの評価

セリフ個体値
驚異的ね。すばらしいわ!15
充分高いから
わくわくするわ!
すばらしいよ。
13~14
バトルで活躍してくれると思うわ!8~12
ここに注目すると
まずまず、ね。
0~7

青チームの評価コメント

■総合評価(個体値の合計)

セリフ個体値合計
驚異的で、芸術的だ。37~45
(80.1~100%)
目を引くものがある。30~36
(64.5~80%)
普通以上。23~29
(49~64.4%)
なかなか活躍が難しそうだ。0~22
(0~48.9%)

■いちばん高いステータスの評価

セリフ個体値
測定できないほどだな。
すばらしいよ。
15
すごいな、驚きだ。13~14
ごく一般的、と言えるだろう。8~12
この点において、
まずまずと言える。
0~7

黄チームの評価コメント

■総合評価(個体値の合計)

セリフ個体値合計
トップレベルだぜ!37~45
(80.1~100%)
とっても強いぜ!30~36
(64.5~80%)
普通だと思うぜ。23~29
(49~64.4%)
イマイチ、といったところだな。0~22
(0~48.9%)

■いちばん高いステータスの評価

セリフ個体値
今まで見た中では、
間違いなくトップクラスだ。
15
相当なものだぜ!本当にな!13~14
いい線いってるぜ!
オレが保証する!
8~12
まずまず、だと思う。0~7

試しにポケモンを評価して個体値を予想してみた

せっかくなので、手持ちのポケモンを実際に評価してもらった。リーダーのセリフから、個体値を予想してみよう。

評価してもらうのは、10kmタマゴから生まれたイーブイを進化させた「ブースター」

評価の結果、リーダーのセリフは以下のようになった。

  • 言うことなしね。とっても頼もしいわ!
  • HPが際立ってるわ。
  • こうげきにも驚いてるの。
  • 驚異的ね。すばらしいわ!

個体値の合計は、最高ランクの「37~45」。また、「HP」と「こうげき」の個体値がいちばん高く、さらに同じ数値のようだ。

いちばん高いステータスの評価も最高ランクだったので、「HP」と「こうげき」の個体値が「15」というのが確定した。個体値の合計からHPとこうげきの個体値を引くと、「ぼうぎょ」の個体値は「7~14」のいずれかになる。

今回はかなりわかりやすい結果になったが、ほかのポケモンを評価してもらっても、同じような流れで個体値の判別ができるようになるはずだ。

個体値を判別すべき最強ポケモンはこれだ!

たくさんいるポケモンの中でも、特に個体値の厳選をしておきたいポケモンがいる。これらのポケモンを進化させる時は、前もって個体値を評価してもらっておこう。

ミニリュウ

ミニリュウは、最強のポケモンといわれている「カイリュー」に進化する。進化に必要なアメが「125個」と多く、遭遇率もあまり高くないので、個体値の厳選は必ずやっておきたい。

コイキング

「ギャラドス」への進化に必要なアメが「400個」と、全ポケモンで圧倒的にナンバーワン。1匹を進化させるのもかなり大変なので、個体値の厳選は必須といえるだろう。

タマタマ

「シャワーズ」や「ヤドラン」などの強力なみずポケモンに対して有利な「ナッシー」に進化する。比較的進化させやすいので、個体値が高めのタマタマを何匹か進化させて、わざの厳選もしてみよう。

イーブイ

進化先の「シャワーズ」がかなり強く、初心者でも簡単に強いポケモンを手に入れられる。「ミズキ」か「Rainer」というニックネームをつけると、必ずシャワーズに進化する。

御三家(ヒトカゲ、ゼニガメ、フシギダネ)

最初に選べるポケモンでおなじみの3体は、どれも強力なポケモンに進化する。出現率が低くアメを集めるのが大変なので、個体値が高いものを進化させるようにしたい。

タマゴ産のポケモンは個体値が高くなりやすい

タマゴから生まれたポケモンは、野生のポケモンに比べて個体値が高いものが多い。

全部のポケモンを評価するのは大変なので、まずはタマゴ産のポケモンを優先的に評価してもらおう。

どのポケモンがタマゴ産か分かるように、生まれたら「お気に入り」に設定しておくのがおすすめだ。

タマゴからポケモンが生まれたら、すぐに右上の星マークにチェックを入れておこう

(c)2016 Niantic, Inc.
(c)2016 Pokémon.
(c)1995-2016 Nintendo / Creatures Inc./ GameFreak, Inc.