【中の人に聞く攻略法】第15回: ブレス オブ ファイア 6 白竜の守護者たち

アイキャッチ

カプコンとDMM.comのタッグにより、13年ぶりにシリーズ復活を遂げた『ブレス オブ ファイア 6 白竜の守護者たち』。iOS版のリリースを迎えてますます期待が高まる本作の魅力から攻略法までを、運営プロデューサーの清川さんに聞いてきた。アッと驚く裏話にも注目だ!

カプコンの人気RPG『ブレス オブ ファイア』がスマホで復活!

カプコンといえば、『モンスターハンター』シリーズや『ストリートファイター』シリーズが有名だが、同社のRPGといってもあまりピンとこない人も多いのではないだろうか。

今回ピックアップする『ブレス オブ ファイア 6 白竜の守護者たち』(以下、BOF6)は、そんなカプコンの隠れた名作RPG『ブレスオブファイア』シリーズの最新作だ。

人気イラストレーターである岸田メルさんが描くイメージビジュアル。これまでの『ブレスオブファイア』シリーズとはまた違う、非常に魅力的なキャラクターの個性が描かれている

前作が登場してから約13年ぶりに復活を果たした本作の秘密を探るべく、『BOF6』の運営プロデューサー清川一郎さんにお話を伺ってきた。

――約13年ぶりに『ブレス オブ ファイア』シリーズの復活となりましたが、新たにナンバリングタイトルを作ることになったきっかけを教えてください。

清川さん(以下、清川):『BOF6』は、本作のプロデューサーでもある杉浦の「『ブレス オブ ファイア』シリーズをオンラインゲームで復活させたい!」 という熱い想いから始まっています。

今回のインタビューに答えてくれたのは、リュウのコスプレでおなじみ、『BOF6』の運営プロデューサーの清川一郎さん。「みつ編み部分が傷んできたんです」と最近の悩みを打ち明けてくれた

2012年の後半から2013年にかけて、当時はあまりスマートフォンで遊べるオンラインゲームはありませんでした。

そこで、『ブレス オブ ファイア』シリーズというカプコンの人気タイトルを生かしたうえで、スマートフォンでみなさんに「オンラインゲームの楽しさ」を伝えたいと考えて、このプロジェクトが始まりました。

自分のキャラクターを動かしながら、ほかのプレイヤーと協力してマルチバトルができる。まさにスマートフォンで楽しめるオンラインゲームといった印象だ

――清川さんが考える『ブレス オブ ファイア』らしさとはなんでしょうか。

清川:これはスタッフの間でもよく話題に上がるのですが、私は「さまざまな種族が混在している世界」だと考えています。

『ブレス オブ ファイア』ほど多種多様な種族がいて、それぞれの特徴を活用しながら進んでいくゲームは少ないのではないでしょうか。

シリーズ1作目となる『ブレス オブ ファイア 竜の戦士』は、1993年にスーパーファミコンで登場。このころから、獣人や魚人といったさまざまな種族が登場している

種族間の広がりというものが、物語に幅を生んでいます。そういった点でも、今回の『BOF6』ではたくさんの種族を登場させています。

――過去のシリーズはどれもストーリーや世界観が印象的ですが、どのタイトルがいちばん心に残っていますか?

清川:『ブレス オブ ファイアIV うつろわざるもの』ですね。

世界観やストーリーももちろんいいのですが、「呪砲」というかなり特徴的な兵器が作品のカギになっています。

また、ヒロインであるニーナのお姉さんがストーリー進めていくとどうなるかなど、すごくインパクトや記憶に残る作品になっています。

『BOF IV』のストーリーの中核を成す「呪砲」とは?

生きた人間を生贄にして、与えた苦痛による恨みを「呪い」として発射する兵器。

この「呪砲」を中心としたストーリーは、『ブレス オブ ファイア』シリーズの中でも特に印象深い、人間が抱える心の闇の部分が大きく描かれていることでも有名だ。

実は筆者もシリーズの中では『BOF4』がかなりお気に入り。最近のRPGではなかなか見られない、インパクトのあるラストにも注目しよう。

なお『BOF』シリーズポータルサイトでは、動画でそのシーンを観ることができる。物語の核心に迫る部分なので、これからプレイするという方はご注意!

シリーズでおなじみのキャラクターと重厚なストーリーは健在!

――『BOF6』といえば発表当初、「10万文字」という長編ストーリーが話題になっていましたが、プレイヤーのみなさんに「こんなところに注目してストーリーを読んでほしい」というポイントがあれば教えてください。

清川:主人公の兄である「リュウ」に注目していただきたいです。序章で登場してから姿を見せていないリュウですが、この後のストーリーでものすごく重要なキャラクターとしてかかわってきます。

実はその伏線として、私は今年の2月からずっとこの格好をしているわけです(笑)。なので、リュウのことは忘れないでストーリーを追ってください。

リュウは、シリーズ全作品の主人公としておなじみのキャラクター。『BOF6』では初めて主人公以外のポジションで登場している

もう1つは、キャラクターごとのストーリーです。物語が進むにつれて心情や立ち位置が大きく変化することもあり、序盤では見せなかった面白い表情を見せるようになってきます。

もしかしたら、「意外なあのキャラクターが仲間になる」なんて驚きがあるかもしれませんよ!?

意外なキャラクターと聞いて思い浮かぶのは……! もしかするとフェローとして使える日がくるのかもしれない

――シリーズごとにヒロインとして、さまざまなタイプの「ニーナ」が登場していますが、歴代のニーナに負けない『BOF6』のニーナの魅力を教えてください。

清川:歌を歌うことで主人公を竜の力に目覚めさせる本作のニーナは、『ブレス オブ ファイア』シリーズでは重要な要素になる、主人公の竜変身に関する非常に大きなカギを握っています。

歌っているシーンになると、普段の不安げな表情からは想像できない、ニーナの自信に満ちあふれた力強い姿を見ることができる

これまでのストーリーではあまり見られませんでしたが、「歌」というキーワードと「竜の力を目覚めさせる」ということ。

この2つが本作のニーナの特徴になっているので、今後のストーリーではぜひ注目してみてください。

新規ユーザーに向けて運営プロデューサーが序盤の攻略法を伝授!

――ついにiOS版がリリースされますが、Android/PC版からの変更点などはありますか?

清川:iOS版をリリースする7月12日に合わせて、新規ユーザーが進めやすいようにアップデートを実施します。Android/PC版でいただいたお客さまの意見をかなり反映させていますので、だいぶ遊びやすくなっていると思います。

――具体的にはどのような調整を行なったのでしょうか。

清川:まずは、竜変身がしやすくなっています。竜変身をすることでテンポよく進めていけるように、ストーリー第3章までのゲームバランスを根本的に見直しています。

第4章以降につきましても、今後のアップデートでバランス調整を実施していく予定です。

なかなか貴重な竜変身のシーン。竜変身によって主人公が一気にパワーアップするので、変身しやすくなるという調整は非常にうれしい

――やはり、『ブレス オブ ファイア』といえば竜変身ですからね!

清川:また、Android/PC版のユーザーの方にご指摘いただいている「ムラオサ(主人公)が弱い!」という点を解消するために、召喚所に新しいコスチューム召喚を導入して、かなり強力な「コスチューム」が獲得できるようになっています。

コスチュームは、フレンドポイントを使って引けるガチャから入手できる。コスチュームについているパラメーターはランダムなので、コツコツとフレンドポイントをためて何度も挑戦しよう

――序盤を効率的に進めるためのコツのようなものはありますか。

清川:iOS版の配信に合わせて、新規ユーザー向けに特別ミッション「進め!ムラオサの初仕事」がスタートします。

これまでの初心者用ミッションのいいところをすべてミックスしたお得なミッションになっていますので、序盤の攻略に困ったときは、ぜひ活用してください。

ほかにも新規ユーザー向けのキャンペーンが!

iOS版の配信を記念して、「新人ムラオサ歓迎キャンペーン」も行なわれている。このキャンペーンでは、Android/PC版の事前登録特典と同じ報酬がもらえるので要チェックだ。特に、星5フェローの「アミリア」はかなり強い!

――主人公にはクラスがいくつかありますが、初心者にはどれがおすすめなのでしょうか。

清川:個人的には「ハイガード」がおすすめです。物語が進んでいくと徐々に敵の攻撃が強くなってきますが、防御力の高いハイガードは初心者の方でも使いやすくなっています。

ただ、コスチュームでムラオサを強化しやすくなっているので、ぜひいろいろなクラスで戦ってみて、自分に合ったクラスを見つけてみてください。

筆者のお気に入りはウィザード。防御力は低いが、遠距離攻撃ができるので敵の攻撃を受けにくいメリットがある

――序盤の壁といえば第5章のボス「クラウス」かと思いますが、ここをクリアするために覚えておきたい攻略のアドバイスはありますか。

清川:状態異常効果を仕掛けるタイミングですね。クラスごとに「感電状態の敵に攻撃すると相手の動きを止めることができる」などの追撃効果をもったスキルがあります。

「クラウス」は、HPの残りがある一定のラインを超えると非常に元気になります(笑)。状態異常攻撃で動きを止めている間に、次の状態異常攻撃を狙うということを意識していけば、驚くほど戦いやすくなるはずです。

数々のプレイヤーを苦しめてきた第5章のボス「クラウス」。初心者の登竜門ともいえるここをクリアするためにも、しっかりと準備してバトルに挑むようにしよう

もちろん、ムラオサだけでは勝つことは難しいので、フェローの強化も忘れずに行なってください。

――では、ムラオサといっしょに戦ってくれるフェローはどれがおすすめでしょうか。

清川:ユーザーの間でも話題になっていますが、星3シーフの「アール」は非常に優秀です。ミッションの報酬や常世の召喚符(無料ガチャ)でも入手できます。

序盤といえば「アールくん」。これは運営プロデューサーの清川さんも同じ意見のようだ

星3のフェローは、リミット突破(進化)にかかる手間もそれほど大変ではないので、ぜひアールをMAXまで育ててみてください。

やっぱり今回も釣りにこだわりすぎ!

――『ブレス オブ ファイア』といえば、釣りゲーといわれるくらいどのシリーズでもこだわって作られている印象ですが、本作の「釣り」でこだわったポイントはどこですか。

清川:やはり操作感ですね。ここに関しては非常にこだわっていて、ついついやってしまいたくなる操作感というのを考えながら作っています。

『BOF6』のバトルは画面をタッチしてスキルボタンを押すというものですが、ここをベースにするのではなく、釣りは釣りとして考えて「最高の釣りゲームの開発」を目指しました。

魚が掛かったら、下のゲージが左右に振り切らないように右下のボタンを小刻みにタップしてラインを安定させる。おまけ要素のはずだが、本編よりも白熱したバトルが味わえるような気がしなくもない

また、Android/PC版のリリース時に起こっていた「動作が重い」などの症状もかなり改善していますので、当時釣りがあまりできなかったユーザーにも、ぜひもう一度プレイしていただきたいです。

――ちなみに、清川さんはリアルで釣りの経験はありますか。

清川:実は、10年ほど前までバス釣りをやっていました。なので、釣りに関してはかなりこだわりがあります。

もちろん、過去の『ブレス オブ ファイア』の釣りというものを尊重しながらも、多くの意見を出させていただきました。

シリーズではおなじみのルアー「かえるシリーズ」も、もちろん登場。実際のバス釣りでは「フロッグ」という名前らしい。共同体で購入できるので、いつでも使える初心者のパートナー的存在だ

『魔法少女まどか☆マギカ』に続くコラボ情報を聞いてみた

――『ゼロの使い魔』や『魔法少女まどか☆マギカ』など、なかなかいいチョイスのコラボがありますが、今後もコラボは予定していますか?

清川:実は、カプコンの人気タイトルである『モンスターハンター フロンティア G』とのコラボでは、今までにはない「コラボモンスター」の登場も考えています。詳細はまだ秘密ですが、期待してください!

――ありがとうございます。では最後に、iOS版のリリースも始まって本格スタートする『BOF6』のユーザーの方々に向けてメッセージをお願いします。

清川:まず、iOS版のリリースが大幅に遅れてしまい、期待してくださっていた方には大変申し訳なく思っております。

Android/PC版でプレイしていただいているユーザーの方々にさまざまな意見をいただき、iOS版をベストな状態でリリースしようと開発を進めてまいりました。

Android/PC版の課題点は、かなり改善できたと語る清川さん。iOS版については非常に自信がある様子だった

今後は新たなアップデートも実施予定になっていまして、より『BOF6』を楽しんでいただけると考えております。

実は、先日公開されたアニメPV第2弾では、今後のストーリーを思わせる展開というのをいくつか散りばめています。

これから始めるユーザーの方にも楽しんでもらえるように、本作のバトルの魅力をうまく表現できた内容になっていますので、ぜひご覧ください。

PV第1弾に続き、主題歌を歌うのはペリドットの声優も担当している戸松遥さん。今回はアップテンポな曲調になっていて、とにかくカッコいい!

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.