ネクソン新作SRPG『ファンタジーウォータクティクス』を先行プレイ! 魅力的なキャラクターと作り込まれたバトルは必見

  • 2016年07月21日

ネクソンの最新作となる『ファンタジーウォータクティクス』は、スマホではあまり見かけない本格的な戦略系シミュレーションRPGだ。7月28日に配信開始予定の本作をひと足早くプレイできる機会をいただいたので、プレイした感触をバッチリとお届けしていこう。

英雄の力を連携して戦う本格戦略系シミュレーションRPG

『ファンタジーウォータクティクス』(以下、ファンタク)は、マップにあるマス目の上で駒(ユニット)を動かしながら相手を倒していく、戦略系シミュレーションRPGだ。

クォータービューの視点で展開するバトルの画面は、コアなSRPGファンも納得のクオリティー。細部にまでこだわって作られたキャラクターのモーションは必見! とにかくバトル中に動きまくる

本作の特徴として、ちょっと邪道ともいえるストーリー展開がかなり目を引く。

世界征服を企む主人公の周りには、記憶喪失のネコやマッチョな魔法使いなど、なかなか個性的なメンバーが登場し、仲間となって合流していく。

世界征服を企む俺様キャラの魔法使い。メガネに貧弱と、盛り込みまくった設定は、ライトノベルを連想させるものがある。ストーリーはコミカル要素が強いので、非常に読みやすい

シミュレーションRPGといえば全体的に難易度が高い印象だが、本作もやはり難易度は高め。味方が援護してくれる「連携攻撃」がとにかく強いので、それをいかに使いこなすかが攻略のカギになっている。

キャラクターを強化すればテクニックを補えるというスマホゲームならではの利点もあるので、時間を掛けてじっくり進めていけるのもポイントだ。

ロードの世界征服に力を貸すのは50人以上のヒーローたち

本作に登場するキャラクターは、世界征服を企むちょっと危ない主人公「ロード」と、彼の野望に巻き込まれていくヒーローたち。

今回は、序盤で仲間になるヒーローをちょっとだけ紹介。ちなみに、ロードは運動が苦手なので直接バトルには参加せず、後ろからスキルで援護してくれる。

世界征服を企む本作の主人公:ロード(声優:福山潤)

オレ様キャラで自信家だが、体力にはあまり自信がない。本気で世界征服を企んでいて、ちょっとアレなところもあるが、基本的には悪い人ではない。

全体攻撃や全体回復と、主人公専用のロードスキルはかなり強力。プレイヤーレベルが上がると、ロードも少しずつ強くなっていく

ロードに忠誠を誓う騎士:クリス(声優:渕上舞)

ロードによって蘇った古代のヒーローで、彼に忠誠を誓っている。しかし彼女の本心は……?

騎士のクリスは、体力と防御力が高い耐久型のヒーロー。最前線に立って敵の攻撃を受け止める姿は、騎士の誇りを感じさせる

記憶喪失のしゃべる猫:イアン(声優:小松未可子)

失くした記憶を探してさまよっているときにロードと出会う。猫なのにいちばん常識人。ボウガンの腕前はかなりのものだ。

イアンは、遠距離攻撃のエキスパート。ほかの味方が攻撃できない場所からでも、手に持ったボウガンで敵を射抜いてくれる

武闘派マジシャン:アルフレッド(声優:坂巻学)

魔法学校の校長で、ロードに魔法を教えた師匠。鍛え抜かれた肉体のせいで、戦士と勘違いされてしまうことも。

アルフレッドは、広範囲に魔法攻撃を叩き込むことができる。ロードに教えた魔法の技術はいまだ健在のようだ

このほかにも、世界最強のメイドやセクシーなサキュバスのお姉さんや、うさぎのきぐるみを着た暗殺者など、かなり個性的なメンバーがそろっている。

基本的にはゲームをやり込めば必ず仲間にできるようになっていて、お気に入りのヒーローがいるのに仲間にできないということはないので安心だ。

仲間との連携がカギを握る3Dシミュレーションバトル

本作の最大の特徴であるバトルでは、ヒーローの属性やスキル、攻撃範囲、マップの高低差などのさまざまな要素を考えて戦略を立てていくことになる。

タップやスワイプでヒーローの移動と攻撃を行なう。MPを消費すると、ヒーローごとに固有のスキルを発動できる

バトルは完全なターン制になっていて、自分のヒーローをすべて動かしたら、相手のターンに切り替わる。基本的に相手のほうがユニットの数が多いので、無茶をすると手痛い反撃が待っている。

シミュレーションRPGではどうしても気になってしまう操作性も上々だ。移動可能範囲を歩き回ったり、攻撃のキャンセルも一瞬でできたりするなど、かなり快適に操作することができた。

みんなでボコボコにする爽快感MAXの連携攻撃

敵を攻撃すると、攻撃範囲内にいるすべての味方がいっしょに攻撃してくれる。この連携攻撃を使ったバトルでは、ほかの作品にはない爽快感が味わえる。

仲間をうまく配置すれば、コンボ! コンボ! コンボ! と、怒涛の連続攻撃が飛び出す

戦い方次第では、相手を一方的にボコボコにすることも可能だ。連携攻撃ができるのはこちらだけなので、ちょっとズルい気もするが……楽しいからOK!

地形やギミックの使い方で戦況が大きく変化

バトルをするマップには、特定のヒーローがパワーアップする「地形」や、攻撃力が上がったりHPを回復できる「ギミック」などが登場する。

これらが戦闘に与える影響はかなり大きく、ユニット同士の相性だけでなく、自分に有利なポジション取りを考えながら進めていくのがなかなか熱い。

水場など、特定のユニットしか進めない地形もある。敵の攻撃が届かない位置からスキルを飛ばしたり、ピンチのときに避難するなど、状況によってさまざまな使い方ができる

周囲を回復させるオブジェや、拾ったヒーローを回復させるアイテムなど、スキル以外での回復方法も意外とある。もちろん、アイテムがあるマスに敵が止まると奪われてしまう

3倍速のオートバトルでダンジョンをラクラク周回

地味にうれしいのが、戦闘速度を変更する機能。これを使えば、バトルのスピードを最大で3倍まで上げることができる。

自動でユニットを動かしてくれる「オートプレイ」もある。AIの動きは……まぁまぁといったところだが、簡単なダンジョンをクリアするだけならまったく問題ない

スマホゲームではおなじみの強化素材などを集めるダンジョンの周回もあるので、効率的なプレイをするのには非常にありがたい。

すべてのヒーローが最強になれる!

本作では、登場するすべてのヒーローが最高レアリティーまで進化する。ものすごく強そうなヒーローも、ちょっと頼りないヒーローも、最終的には同じレベルまで育てられるので、パーティーは見た目で選んでしまってもOKだ。

序盤は少し男くさいが、最終的にはかわいいヒーローもたくさん仲間になる。サキュバスの「クレオ」がほしい……

また、本作ではゲーム内で手に入る「遺伝子」と呼ばれるアイテムを集めることで新ヒーローが獲得できる。ヒーローガチャはないので、無課金でもヒーローを集めやすいのは非常にうれしい。

かわいい女の子は全員パーティーから外して、ワイルドに染めてみた。各キャラクター専用のコスチュームに着替えれば、見た目もガラッと変化する

レベルアップに進化、装備の強化など、ヒーローの育成要素はスマホゲームの中でもかなり多い方なので、やり込みが好きなプレイヤーにはたまらないだろう。

最強のプレイヤーを決める対戦モード

本作の対戦モード「名誉の決闘」では、ほかのプレイヤーが育てたヒーローと対戦して、ランキングを競うことができる。もちろん、上位になったプレイヤーには豪華な報酬も待っている。

決闘専用の狭いマップに敵味方が入り乱れて配置される。また、対戦モードでは、交互に1体ずつヒーローを動かしていく

通常のダンジョンから変更されている部分も多く、いつもの戦術では戦わせてくれないなかなかハードな対戦モード。仲間と合流するか、突っ込ませてオトリにするか悩ましいところである。

ギミックなどもないので、基本的にはヒーローの強さのぶつかり合いになる。そのため、格上の相手に勝つのはかなり難しい。

とはいえ、相手はAIが動かしているので、少し強いくらいなら戦い方次第で何とかなるはずだ。

ほかにも、限定ヒーローが仲間になる特別ダンジョンや、ヒーローを派遣して経験値やアイテムを獲得できる遠征隊など、面白いコンテンツがたくさんある。

さらに詳細は不明だが、アップデートで超高難度ダンジョンが実装されるといううわさも……。

スマホゲームの中ではかなり完成されたSRPG

あまりスマホでは見かけないシミュレーションRPGの中でも、『ファンタジーウォータクティクス』はかなりしっかりと作り込まれているといえる。

特に操作性はバツグンで、キャラクターの移動から攻撃までストレスなく動かすことができたのは、非常にポイントが高い。

7月28日の配信開始ということで期待に胸をふくらませている人も多いと思われるが、それにこたえるだけの作品に仕上がっているはずだ!

(C)2016 NEXON Korea Corp. & NEXON GT Co., Ltd. & NEXON Co., Ltd. All Rights Reserved.