• 背中にPC!? VRゲームに最適な「Backpack PC」がMSIブースに登場【COMPUTEX 2016】

背中にPC!? VRゲームに最適な「Backpack PC」がMSIブースに登場【COMPUTEX 2016】

024

VRゲームを扱うPCメーカー、PCバーツメーカーが集められたCOMPUTEX TAIPEI 2016の台北南港国際展示場。メインホールの中心付近に設けられたMSIのブースでは、体に背負ってゲームを楽しむための「Backpack PC」のデモンストレーションが行われていた。

VRのケーブル問題を解決するバックパックPC

「1st VR READY」をキーワードに掲げるMSIのメイン展示は、数日前に発表されたばかりのバックパックPCの体験コーナー。実際にこの製品を背負ってVRゲームがプレイできるという趣向になっていた。

バックパックPCは、VRゲームをプレイするときにVRヘッドセットから延びるケーブルの類がじゃまになるという問題を解決するというのがコンセプト。からまってしまって転倒するなどの危険を回避できる。

開発を手掛けているのはMSIのノートPC担当チーム。現在はまだテスト版ということで実際の製品版では違った仕様になるそうだが、重量はおよそ4.5kg、駆動時間は60~90分程度となっている。

製品版では次世代のGeForceを搭載する予定とのことだ。

HTC Vive+バックパックPCという組み合わせで3Dシューティングゲームが体験可能。細身の女性でも軽やか動作で敵を次々に撃破していた

片手でも楽々と持ち上げられる。プレイヤーが装着する際にはストラップでしっかりと体に固定

開発段階である現時点でのスペックはこちら。VRゲームに最適化されているだけあって、かなり高性能だ。

プロダクトフィーチャー

  • World first VR HMD fully compatible platform.
  • VR Ready:top-nocthh enginnering for best Virtual Reality experience.
  • Direct link to VR HMD without long-cable nor adapter.
  • Fully-powered by integrated battery system for more than I-hr VR experience.

プロダクトスペック

  • 6th Gen. Intel Core i7 processor
  • NVIDIA latest generation graphic card
  • 16GB DDR4 memory
  • SSD Storage

メタリックな筐体がかなり格好いい。冷却についてもかなり考えられているようだ

そのほかにもMSIブースではいくつものVRゲームのデモンストレーションが行われており、来場者にその魅力をアピールしていた。

もちろん、さまざまなPCパーツを供給するMSIだけあって、最新の製品もずらりと展示!

こちらはPCゲーマーであれば気になるGeForce GTX 1080の新製品。すでに販売されているリファレンス版だけでなく、MSIオリジナルのものも

PCゲーマーあこがれのGeForce GTX 1080の2枚挿し。間をつなぐSLIコネクタは、これまで以上のバンド幅を実現する新製品となっている

発売時期以外は何の説明も書かれていない謎のマザーボード。広報担当者がにやりとしていたのが気になる!

COMPUTEX TAIPEI 2016

  • 日程:2016年5月31日(火) ~ 6月4日(土)
    5月31日 ~ 6月3日 9:30 ~ 18:00
    6月4日 9:30 ~ 16:00※InnoVEX展示エリア:5月31日(火) ~ 6月2日(木)
    5月31日 ~ 6月1日 9:30 ~ 19:00
    6月2日 9:30 ~ 18:00
  • 会場
    (1)台北南港国際展示場(1, Jingmao 2nd Road, Taipei)
    (2)TWTC台北貿易センター展示ホール1(5, Sec. 5, Xinyi Road, Taipei)
    (3)TWTC台北貿易センター展示ホール3(6, Songshou Road, Taipei)
    (4)台北国際会議センター(1, Sec. 5, Xinyi Road, Taipei)
  • 主催
    TAITRA台湾貿易センター台北本部(中華民国対外貿易発展協会)
    TCA台北市電脳商業同業公会
  • 出展社:1,602社
  • 出展コマ数:5,009コマ
  • 来場者数:13万人以上(うち海外来場者は162カ国、39,130人:2015年実績)
  • 展示会情報サイトはこちら
  • 参観お役立ち情報はこちら
  • メインテーマ
    IoT Applications
    Innovation & Startups
    Business Solutions
    Gaming
  • 展示内容
    ICT、IoTソリューション関連製品および周辺製品全般
    スマート携帯端末/ウェアラブル・テクノロジー/クラウドコンピューティング
    モーションセンシングテクノロジー/カーテレマティクス/オートマルチメディア
    スマートホームエンターテインメントInternet of Things(モノのインターネット)
    マルチタッチパネル/ソリッドステートストレージ/ICTセキュリティ/車載電子/ロボット技術
    組み込み技術/グリーン ICT/第4世代ワイヤレス/3D プリンタ
    民生用電子製品各種及びアイディア溢れるPC、携帯端末周辺商品・アクセサリーなど